『ぼぎわんが、来る/澤村伊智』を読んだんだ【読書】迫りくる謎の化け物“ぼぎわん”から幸せな家庭を守れるのか!似非イクメン、女性霊能者、育児ノイローゼ、オカルト入り乱れるホラー小説

2019/03/30 20:47
3部構成になってます。 第1章は、得体のしれない化け物から家族を守ろうと 悪戦苦闘するイクメンお父さんの話。 第2章は、その妻の視点で語られる第1章の裏側。 第3章は、最強の霊能者姉妹による化け物退治。 第1部と第2部はけっこう精神的にくる感じで怖いなあって思って読んでました。 DVとか夫の見せかけの育児協力とか、 家庭内でうずまくどす黒い感情が化け物を呼び寄せるみたいな。 ぼぎわんっていう化け物の起源をさぐるのもおもし..

続きを読む

『サスペリア』をGYAO!の無料動画で見たんだ【映画】決して ひとりでは見ないでください…、ダリオ・アルジェント監督によるオカルトミステリー

2019/01/29 21:11
色がすごい。 ホラー映画になるんですかね、これ。 ホラーというよりオカルト映画かな。 とにかく色ですね。 赤、緑、黄色とか原色のけばけばしい強い色をたっぷり使った画面。 こういうのサイケデリックっていうのかな。 BGMも原始のミュージックみたいなサイケな音でいい。 ホラー映画ってなんか暗くて色も寒色系でどんよりした画面で、 おどろおどろしい感じで雰囲気盛り上げていって ときどき、わっって驚かすみたいな形が多いような..

続きを読む

『フレイルティー/妄執』を見た【映画】ビル・パクストン監督、マシュー・マコノヘー主演によるオカルトホラーサスペンス

2018/06/01 06:07
サスペンスらしいサスペンス映画。 いやミステリー映画かな。 なかなかいい感じでした。 まあ、小さい作品ですけどね。 オカルトサスペンスって感じっすかね。 マシュー・マコノヒー主演で、 監督は俳優のビル・パクストン。 マシュー・マコノヒーがFBIに出頭して、 連続殺人事件の犯人を知っていると 捜査官に話をする。 マシュー・マコノヒーが語る子供時代の出来事は 事実とは信じがたい奇妙な話だった……。 最..

続きを読む

『超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか/リチャード・ワイズマン』を読んだんだ【読書】

2016/06/20 07:57
超常現象の科学 [ リチャード・ワイズマン ] 超常現象の分析から見えてくる人間の脳の不思議。 なぜ幽霊が見えるのか。 なぜ占いが当たったと思うのか。 予知夢を見たと思い込むメカニズム。 幽体離脱、ポルターガイスト、降霊術。 カルト教団に帰依していくヒトの心理。 数々の科学では解明できないとされる 超常現象をヒトの認知システムから解明する話。 なかなかおもしろかったです。 脳の機能が超常現象を作りだしてる..

続きを読む

『ナインスゲート』を観た【映画】ジョニー・デップ主演、ロマン・ポランスキー監督によるオカルトミステリー

2016/01/13 21:46
ヘンテコ映画ってやつか。 悪魔崇拝映画というかなあ。 ロマン・ポランスキーはこういうオカルトな映画も 初期はよく作ってましたね。 そのオカルトポランスキーの系譜にある映画かあ。 ジョニー・デップは古本屋。 古本屋といってもブックオフな古本じゃなくて、 稀覯本を取り扱うほうです。 数百年前の本とかね。 まあ、業界では一匹狼というかね、 本のことを何も知らない顧客から 貴重な本を安く買い取ったりするので ..

続きを読む

『アナベル 死霊館の人形』を観た【映画】ジェームズ・ワン監督の「死霊館」からスピンオフしたオカルトホラー

2015/10/21 19:03
「アナベル 死霊館の人形」 怖い。 人形の顔が。 それとあんな人形を妻にプレゼントする夫が怖いし、 プレゼントされて喜ぶ嫁も怖い。 あの人形は気味が悪い顔してるし かなり不気味なんだけど、 ああいうのが良いのだろうか。 なんか妻は人形集めが趣味らしくて ありがとう~、これ欲しかったんだ~みたいに レアアイテムゲットで喜んでたけど どういう感覚なのかわかりません。 アンティークの価値ある人形なん..

続きを読む

『NY心霊捜査官』を見た【映画】元N.Y.市警巡査部長が体験した実話をもとにした実録ホラーオカルトサスペンス

2015/02/25 08:10
「NY心霊捜査官」 センスゼロのオカルト映画。 うーん、これはないな。 怖がらせるシーンの作り方が 今どきのセンスじゃない。 昔のオカルト映画のコピーみたいな感じで センスがないなあと思っちゃうような ダメな怖がらせ方で いまいち面白くなかった。 心霊捜査官っていうから、 霊が見える的な刑事の話かと 勝手に思ってたんすけど、 主役の刑事はちょっと勘がいいぐらいのやつで 心霊捜査をするわけじゃ..

続きを読む

『オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ/森達也』を読みました【読書】

2014/12/22 07:11
オカルト 現れるモノ、隠れるモノ、見たいモノ/森達也 オカルト、ラテン語で“隠されたもの”を語源とする言葉。 これがすべてを言い表している。 それがおもしろいっすね。 心霊、UFO、幽霊、超能力、予言、魂、などなど オカルト現象と呼ばれるものは 隠されているんだよなあ。 本文でも再三書かれていることなんすけど、 オカルト現象は、興味を引くように人の前に現れる。 気がついた人間がもっとよく見ようと近づくと 姿..

続きを読む

『犬神の悪霊』を見た【映画】たたりじゃぁ、伊藤俊也監督、犬神憑きによる怪奇を描いたオカルト・ホラー

2014/06/18 21:00
「犬神の悪霊」 いろいろと怖い。 祭囃子の笛太鼓のファンキーサウンドに フェイ!フェイ!とリズミカルな合いの手が入るおどろおどろしいBGM。 村社会の閉鎖的で排他的で迷信信仰な雰囲気が盛り上がる。 なんか、もう、怖いんすよねえ、始まりから。 犬神の悪霊と書いて、悪霊をたたりと読ませるみたいなんすけど、 祟りの話なんすよ。 ウラン鉱脈を探して辺鄙な村にやってきた技師の大和田伸也。 調査中に小さな祠を壊してしまう。..

続きを読む

『ディアボロス/悪魔の扉』を見た【映画】キアヌ・リーブス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン共演、オカルトサスペンス

2014/05/31 20:19
「ディアボロス/悪魔の扉」 いやー、おもしろいですね。 なんといってもキアヌ・リーブスのヌボっと感がすごい。 演技のうまいアル・パチーノとシャーリーズ・セロンに挟まれて キアヌ・リーブスの野暮ったさがものすごく強調されている。 うまいんですよ、アル・パチーノ。 なんせ悪魔役ですよ。 もうね、悪魔にしか見えないわけ。 お茶目で人間を堕落させることにかけては天才的で 神を小馬鹿にする悪魔。 演説も聴き応えあるし、..

続きを読む

『死霊館』を見た【映画】「ソウ」「インシディアス」のジェームズ・ワン監督が衝撃の事件を基に描く戦慄のオカルト・ホラー

2014/03/09 06:58
「死霊館」 うーん。 これはいまいちかなあ。 昔からこういう形式の映画ってありますね。 悪霊がとりついて、悪霊ハンターが悪霊退治に来て、 悪霊と対決して、 最後は家族って最高やん?という感じで終わるやつ。 大昔に「ポルターガイスト」とかありましたね。 あれ結構ブームになってなかったすかねえ。 悪魔憑きなら「エクソシスト」とかもあったなあ。 その系譜の映画で、特に何か斬新なものがあるとか、 新機軸があると..

続きを読む

「ギフト」を見た【映画】

2013/11/21 19:42
「ギフト」 宝の持ち腐れ。 ケイト・ブランシェットはけっこう優秀なカード読みなんすけど、 全然その能力を生かせてない人なんすよ。 車なんかボロボロで 壊れてちゃんと閉じないドアの修理代にも困るぐらいの生活。 夫は仕事場の爆発事故で死亡。 まだ小さな息子が3人いるという暮らしぶり。 夫の保険と占いでの稼ぎで ほそぼそ暮らしてるのです。 まあ、占いの稼ぎといっても、 なんか占いで現金を得ることが違法な州..

続きを読む