『暗黒街大通り』を観たんだ【映画】高倉健、梅宮辰夫、待田京介出演、裏社会でのしあがろうとして散っていく三兄弟を描いた井上梅次監督によるギャングムービー

2019/12/15 19:04
3兄弟の野望敗れて物悲し。 高倉健のヤクザ映画です。 任侠タイプのヤクザじゃなくて、 ギャングタイプのヤクザですね。 仁義とか、義理人情とかない時代に入ってるヤクザの抗争。 高倉健が長男で梅宮辰夫が次男、三男が待田京介です。 3人が子供のときに父親の大木実が殺される。 大木実は知られた侠客だったのだが、 刺客をはなたれて殺されてしまう。 金子信雄の組で預かることになるのだが、3人は逃亡。 そして月日は十数年た..

続きを読む

『ごろつき』を観たんだ【映画】高倉健がキックボクサーに!マキノ雅弘監督、菅原文太共演による異色任侠ドラマ

2019/12/09 20:19
高倉健の異色任侠もの。 これは珍品ですねえ。 前半は任侠の香りはまったくしません。 貧困にあえぐ田舎の青年が 大金を稼ぐためにキックボクサーになることを決心し 東京に出てきて奮闘する物語です。 九州の炭鉱町ですかねえ。 炭鉱がもう閉山寸前で仕事がなくて 高倉健家族は親せきの家で居候。 親戚は幼い弟たちや 病気の母親につらくあたって居場所がない。 こうなりゃ一発逆転でキックボクシングだ!ってことで ..

続きを読む

『やくざの墓場 くちなしの花』を見た【映画】暴力組織と警察官僚の癒着を暴く!渡哲也がはみだし刑事を演じた深作欣二監督によるヤクザドラマ

2018/05/10 07:12
自由か……。 何が何だか、自由すぎてよくわからない。 ヤクザ映画なのだけど、 なんだかよくわからない。 深作欣二監督お得意の手振れカメラによる 臨場感あるヤクザアクションシーンがあり、 いつものヤクザ映画でお馴染みの顔が そろっていて 兄弟杯や組織に殺される個人など ヤクザ映画的なものが描かれているのだけど、 見終わってみると なにがなんだか、 なにがなんなのかよくわからない謎な 空気を感じ..

続きを読む

『脱獄広島殺人囚』を見た【映画】松方弘樹が殺人罪で41年の刑に服した実在の人物をモデルに演じた東映実録路線の脱獄もの

2018/04/13 07:26
松方弘樹の脱獄もの。 松方弘樹が脱獄しまくります。 東映ヤクザ映画でありながら、 やくざ映画というより、 脱獄にかける男の奮闘映画って感じなので けっこう明るいっていうか、 軽い雰囲気で見れました。 といっても松方弘樹はバンバン人殺してますけどね。 強盗殺人で懲役20年。 こうなったら20年だろうが30年だろうが一緒。 脱獄でもなんでもやったらあと 刑務所内でも暴れまくり、 脱獄しまくる。 ..

続きを読む

『第三の影武者』を見た【映画】市川雷蔵の一人二役によるモノクロ時代劇

2018/03/15 06:05
市川雷蔵のモノクロ影武者時代劇。 戦国時代の武将の影武者をやることになった 農民の悲劇みたいな感じです。 市川雷蔵は農民なんてやっててもしかたない、 今の世は武士になって バリバリやって出世する世の中だと 侍に憧れる農民の若者。 あるとき、金子信雄がやってきて 100石で召し抱えると 市川雷蔵を城に連れていくと そこには殿様に似た人間があと2人いて、 市川雷蔵は第三の影武者として 殿の癖を覚えこま..

続きを読む

『新女囚さそり701号』を見た【映画】多岐川裕美がナミを演じた篠原とおる原作の新さそりシリーズ第1弾

2018/02/20 07:46
とにかく多岐川裕美が痛めつけられる映画でした。 映画の9割がそれ。 男たちに裏切られ、痛めつけられる前半。 中盤から後半は、 刑務所で他の女囚から痛めつけられる。 もう、ずっとボコられてます。 牢名主からの定番のかわいがりが 次から次へと多岐川裕美を襲う。 復讐の炎だけを胸に、 無表情無言で苦難に耐える多岐川裕美。 幽霊のような多岐川裕美だが 目だけは死んじゃいない。 最後には復讐をとげるんだけど..

続きを読む

もっと見る