『新装版 矢沢永吉激論集 成りあがり How to be BIG/矢沢永吉』を読んだんだ【読書】起業家必読!糸井重里編集による矢沢永吉インタビュー本

2019/03/19 20:52
いやあ、これおもしろかったです。 矢沢永吉のインタビュー本。 昭和53年、28歳の矢沢永吉が生い立ちやデビューにいたるまでを話す。 矢沢永吉のことはあんまりというか全然知らなくて、 キャラクターとしてのビッグなロック歌手E.YAZAWAという印象しかないです。 キャロル時代もわからないし、曲を聴きこんだということもない。 ファンでもなんでもなく、興味もあんまりない自分ですけど、 この本はおもしろかったです。 むしろ矢沢永..

続きを読む

『ずっしり、あんこ おいしい文藝』を読んだんだ【読書】

2016/06/12 06:10
ずっしり、あんこ:おいしい文藝 あんこに関するエッセイを集めたオムニバスエッセイ集。 みんな大好き甘いもの。 なかでも餡は和菓子の王道。 こしあんがいいのか、 つぶあんがいいのか、 どちらが至高かというこしつぶ論争も たびたび持ち上がる。 それだけに餡を使った和菓子について あれこれ書いてる人がいっぱいいる。 芥川龍之介もしるこについて 書いてたりしてるんだなあ。 手塚治虫が和菓子のかわいらし..

続きを読む

ノルウェイの森【映画】

2011/07/03 06:19
「ノルウェイの森」 性と死の物語。 これはどうなんすかね。 村上春樹ファンならノルウェイの森のだれだれはこういうイメージじゃない! 原作をぶちこわしやがった! と憤るとか、 いや、うまく映像化されていたよと安堵するとか、 いろいろ意見はあるのだろうが、 ファンじゃない人は、これをどう見るのか。 うーむ。 シーンごとのおもしろさはけっこうあるんだけど、 いまいち盛り上がらないんだよなあ..

続きを読む

G.S.I LOVE YOU / 沢田研二

2009/10/10 07:15
わたしってキレイ?「沢田研二 / G.S.I LOVE YOU」 ジュリーのロックアルバム。 ロックというよりも、なんだろな。 あんまりガッツンガッツンしてないです。 ガツガツしてない音というか、 どこか懐かしさを感じる音というか、 ハードじゃないソフトなロックってかんじかな。 題名がいいね。 P.S. I LOVE YOUを文字ってG.Sにしてあるのが納得の音。 熱狂のGSサウンドへの追伸。 ..

続きを読む

TOKIO / 沢田研二

2009/06/02 00:00
TOKIO / 沢田研二 ト~キーオッ! 空が飛ぶ街が飛ぶ雲を突き抜け星になる。 電飾装備のオスカルジュリーがでっかいパラシュートを背負って 歌番組で「TOKIO」を歌うイメージは強烈でした。 どえらい傾奇者が現れたぞと。 すごかったなあ。 映像とセットでは何度も聴いたTOKIOですが、 音だけで聴くTOKIOは意外や意外、わりとアットホームな楽曲。 派手派手衣装で歌ってるもんだから、 サイバーテ..

続きを読む

BAD TUNING / 沢田研二

2009/02/11 20:00
BAD TUNING / 沢田研二 したくないことしたくな~い、 なぜか耳鳴りアーーーーーッ! こりゃ最高だぜ。 なんにもしたくない気分のときのテーマソングに「どうして朝」が決定です。 したくないことしたくないを ちょっと甘えたかんじで歌って、 耳鳴りア~ッの部分で、聞きたくない聴きたくないってかんじに、 手のひらを小刻みに動かして耳をふさぐモーションを アアアアア~と言いながらいれると完璧。 これで..

続きを読む

もっと見る