『P.S. アイラヴユー』を観たんだ【映画】ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー出演、夫を亡くし途方に暮れる妻が夫が残した手紙により立ち直っていく姿を描いた感動ドラマ

2020/04/23 07:22
身内が死んだショックから立ち直る映画。 まあ、結局、立ち直ることはできないってことなんだろね。 時間がすべてを流していくっていうかね。 何をやろうが、最愛の人を失ったショックは よし!大丈夫だ!っていう感じにはならない。 映画観るなら<U-NEXT> 悲しいし、落ち込むし、運命を呪い続けるけども 時間がゆるやかに忘れさせてくれる。 そうするしかないよなあみたいな。 けっこうまっとうな感じの話でしたね。 もっと..

続きを読む

『台北の朝、僕は恋をする』を観たんだ【映画】アーヴィン・チェン監督、ジャック・ヤオ、アンバー・クォ出演、台湾を舞台にしたロマンティックラブコメ

2020/04/20 07:08
台北の夜が堪能できる映画かな。 主人公たちが、 夜の台北をあっちこっち動き回る。 台湾だけど日本の街並みと あんまり変わらないような感じなのが 映画観るなら<U-NEXT> 不思議に見えました。 パラレルワールドみたいな。 もう一つの日本みたいな感じがする。 街並みもコンビニも人間も 日本とおんなじに見えるのに ここは日本じゃなくて台湾という異国。 すごい奇妙な感覚だ。 少し昔というかレトロ..

続きを読む

『閉店時間』を観たんだ【映画】井上梅次監督、若尾文子、江波杏子、野添ひとみ出演、デパートを舞台にしたラブコメ

2020/02/18 07:09
デパートを舞台にしたラブコメもの。 デパートの呉服売り場で働く若尾文子、 地下の総菜売り場で働く野添ひとみ、 エレベーターガールの江波杏子。 この3人それぞれの恋模様を描くドラマです。 横浜の高島屋が撮影協力してるみたいで 60年代のデパートの雰囲気がわかって面白いです。 まあセットのところも多いんすけど、 実際の店舗で撮ってるなって 見えるとこもけっこうあるので 昔の百貨店ってこんななんだっておもしろい。 ..

続きを読む

『お嬢さん』を観た【映画】三島由紀夫原作、若尾文子主演のラブコメ

2020/02/17 07:34
三島由紀夫原作。 こういうのも書いてるだなあ。 なんか三島由紀夫というと金閣寺、仮面の告白、なんたらかんたらと 重苦しい重厚な文学って感じなんすけど、 意外とこういうライトな通俗ドラマみたいな小説も たくさん書いてるんすよね。 力まず軽く、気軽にホームドラマって感じですねえ。 内容は若い娘が結婚して奥さんになって 夫の浮気を疑って 疑いがはれてハッピーエンドみたいな話です。 若尾文子は結婚適齢期の大学3年生。..

続きを読む

『紳士は金髪がお好き』を観た【映画】マリリン・モンロー、ジェーン・ラッセル出演によるミュージカルコメディ

2020/02/07 18:59
マリリン・モンローって とんでもなく技巧派の演技派女優だったのか。 どこをどう切り取っても すべての瞬間がマリリン・モンロー。 視線から口の動きから 腕や指先、腰のクネクネ、立ち姿すべての動きが コントロールされて意味のある動きになってる。 隙がまるでない。 役の金髪美女を120%演じ切る。 本人もこういう人なんだろなと 観客に思わせるレベルの濃密な演技なんすよねえ。 ここまでの精密な動きの制御を ..

続きを読む

『みだれ髪』を観たんだ【映画】泉鏡花の「三枚続」を衣笠貞之助監督、山本富士子、勝新太郎出演で映画化した悲恋ドラマ

2020/01/17 08:01
他人の気持ちさえ考えなければうまくいったかも。 よく、人の気持ちを考えて行動しようとか、 人の立場になって考えようとかいうけど 意外とそれって不幸の始まりでは?みたいな話でした。 善意だと思って人のためにやったことで不幸が巻き起こる。 そんな話でした。 泉鏡花原作らしいので時代設定は古いです。 エリートと庶民、貴族と平民の間に あからさまに身分の差がある時代。 まあ、今もあるんすけど、 今は建前ではみんな平等..

続きを読む

もっと見る