『死後はどうなるの?/アルボムッレ・スマナサーラ』を読んだんだ【読書】

2017/04/09 07:04
題名がスピリチュアルみたいなので そういうやつかなと思って手に取ったんすけど、 中身は仏教の説話ですね。 仏教の世界のとらえ方、考え方を解説している感じです。 仏教ってやっぱり学問なんだなあ。 人間はわからないものをわからないままにしておくことができない。 わからないということが不安で仕方ない。 だから、そこに何か理由をつける。 それが宗教であったり思想であったり科学であったりする。 まあ、だからよく考えられてます..

続きを読む

『執着の捨て方 「私」を手放して自由になる/アルボムッレ・スマナサーラ』を読んだんだ【本】

2016/12/19 08:29
執着の捨て方 [ アルボムッレ・スマナサーラ ] 宗教って科学なんすねえ。 なんかスピリチュアルとか心霊とか、 そういうのだと思いがちなんすけど、 宗教って人間とか心とかを 科学するとこから始まってるんすねえ。 そんなこと思いましたね。 なんとか教っていうんだから 勉強でもありますね。 教義を学ぶことから理解が深まるので 科学とか勉強とか好きな人が 宗教にもはまるのはなんかわかりますね。 これはお..

続きを読む

『禅マインド ビギナーズ・マインド/鈴木俊隆』を読んだ【読書】

2015/03/29 07:49
「禅マインド ビギナーズ・マインド (サンガ新書)」 座禅は理想や目的を実現するための 手段ではない。 坐禅はただ座るものだっていうね。 なかなかいいですね、これは。 なんていうか、 宗教に対しておかしなイメージを 持ちやすいんすよねえ。 宗教は理想や目的を実現してくれる 秘技や秘法であるみたいなイメージ。 修行によって 何か超越したものを手に入れることができるみたいな。 宗教をスーパーパワーを得..

続きを読む

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉/アルボムッレ スマナサーラ【本】を読んだ

2011/10/26 06:16
仏教は心の科学「怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書) / アルボムッレ スマナサーラ」 怒らないこと第2弾。 なかなかおもしろいですね。 というのも、 普段、何気ない瞬間に感じていたこととか、 こうではないかと思っていたことが 仏教的にこういうことだという教義として はるか昔から存在していたということが おもしろいですね。 昔から人間は同じことを感じていたんだなあと。 ..

続きを読む

考えない練習 / 小池龍之介【本】を読んだ

2011/10/22 05:52
考える練習「考えない練習 / 小池龍之介」 題名がちょっとあれだな。 考えない練習とありますが、 何も考えないということを説いてるわけではなく、 考え方をシフトしようということを 提案している本なのです。 仏教の教義を例にだして、 こういう考え方があるんですよという 解説をしています。 内容的には仏教本なんじゃないすかね。 何かこう「考えない」ということに関する 内容というよりは、 ..

続きを読む

怒らないこと / アルボムッレ・スマナサーラ【本】を読みました

2011/10/01 06:27
笑って生きよう 「怒らないこと―役立つ初期仏教法話〈1〉 (サンガ新書) / アルボムッレ・スマナサーラ」 これはなかなかよかったですね。 怒ることが当たり前で、 怒らないでニコニコしていると、 あいつはガッツがないとか 根性がないとか言われてしまうような世の中で、 怒らないという生き方が、 幸福に生きるための智慧となるというお話。 なぜ怒りという感情をもってしまうのかというところから なるほどなあと..

続きを読む

もっと見る