『座頭市血煙り街道』を観たんだ【映画】勝新太郎の“座頭市”シリーズ第十七作目

2019/11/02 19:19
勝新太郎の座頭市シリーズ第17作目。 旅先で知り合い病死した女から 幼い息子を宿場にいる父親まで届けてくれと 頼まれて子供をつれて旅する市。 市と同じ目的地を目指す謎の剣豪、近衛十四郎と 何度か道中顔をあわせながら目的地に到着。 父親っていうのが絵師で 悪代官にとらわれて ご禁制の絵皿の図案を描かされていたのだ。 近衛十四郎は悪代官一味の悪事を調べ 証拠をすべて抹殺するために派遣された隠密だった。 最後..

続きを読む

『御用牙』を見たんだ【映画】

2017/12/15 19:28
勝新太郎が型破りな同心を演じてる時代劇で 原作が小池一夫の漫画。 反権力の一匹狼的なダークヒーローというやつかな。 なんだろな、これは。 エロ時代劇というジャンルなんすかねえ。 でもエロがエロスとしては機能してなくて、 エロがギャグとして機能しているタイプです。 北町奉行所の一同心でありながら、 上司に楯突くことは当たり前、 独自の倫理観から 正義の拳をふるう孤高のワイルドガイ。 それが剃刀半蔵こと板見..

続きを読む

『剣鬼』を見たんだ【映画】

2017/12/03 20:08
市川雷蔵の時代劇。 生まれたときから 不遇の人生を歩まねばならなかった男が、 剣の道に入り死んでいくみたいな話かな。 剣豪時代劇なんすけど、 一風変わった剣豪です。 異常な出生。 偉い人につかえてた侍女が母なんすけど、 仕えていたお偉いさんは気狂いで 最後に正気に戻って 母をいい位につけろと遺言する。 母は誰の子とも知れぬ子をみごもって死亡。 お偉いさんが残した犬と まぐわってできた子だと噂..

続きを読む

『鬼の棲む館』を見た【映画】

2016/08/25 07:22
鬼の棲む館 [DVD] なんだろ、 芥川龍之介の短編小説みたいな映画だった。 南北朝時代の話で数人の男女が織りなす人間ドラマ。 なんか芥川龍之介の小説によくある雰囲気だなあと。 でも原作は芥川龍之介じゃなくて、 谷崎潤一郎の「無明と愛染」らしいっすね。 谷崎もこういうの書いてたんだあ。 なんだろなあ。 男の愚かさ、女の恐ろしさみたいなのを感じた。 男の弱さというか、単純さというかね。 女の体に狂って..

続きを読む

『新選組始末記』を見た【映画】子母沢寛原作、三隅研次監督、市川雷蔵主演の時代劇

2015/01/28 07:24
「新選組始末記」 市川雷蔵、力入ってます。 信念ある男に惚れた男が侍の道に身を投じていく。 雷様はこういう男の世界の男の話が けっこう好きですね。 男気、気高さに惚れ込むみたいな感じの話。 新選組の近藤勇のまっすぐな心に惚れ込み、 新選組に入隊した男が まっすぐなだけでは済まない組織の裏側に幻滅し、 一度は好きな女との平凡な生活に戻ろうとするが、 やはり侍の世界を捨てることができず 新選組で生きていくこ..

続きを読む

『編笠権八』を観た【映画】三隅研次監督、市川雷蔵主演の時代劇

2014/08/12 07:22
「編笠権八」 なるほどね。 剣豪、仇討ち、悲恋。 時代劇らしい時代劇ですな。 かなり昔の映画なので市川雷蔵も若いっすね。 お話自体は古臭くさいのだけど 映像で古さを感じるのが 男優のアイメイク。 色男系の男優が目元ぱっちりメイクしてるのが 昔の映画だなあというか、 様式美の時代劇だねって感じでした。 雷様目元ぱっちりです。 悪役の男優は普通のアイメイクです。 主役の美男子や脇役でも良い役で若..

続きを読む

もっと見る