「エンド・オブ・デイズ」を観たんだ【映画】アーノルド・シュワルツェネッガー主演のオカルトアクション

エンド・オブ・デイズ

エンド・オブ・デイズ


この作品ぐらいから、

シュワルツェネッガーが、映画俳優としては、

そろそろ終わりだなというのが

決定的になってきたんとちゃうかな。

筋肉とサイボーグ顔で

超ビッグにのしあがった彼だが、この映画での彼はきつい。

少し前はコメディー路線を開拓していたけど、それももうやりつくした。

結局、強くて骨太な男をやるしかないってわけだが、

演技がまったく上手くなってないのはどういうわけか。

むしろ昔の作品のほうが良い表情をしていたような気がするぜ。

台詞まわしが下手なのはいいとしよう。

でも表情が歳食ってなんかしまりがなくなってるのは致命的。

うめいたりするのを見てもわざとらしくて、見てらんないよ。

こいつ演技下手やってのがばればれなもんで。

やっぱ役者もハングリーな状態じゃなくなると、

いい演技はできないんやな。

演技というかいい顔。

政治家になって正解かな。

なんかスキーで骨折したらしいけど。

そんなくたびれたシュワが戦う相手がサタン。

こいつがとんでもないやつでオモロイ。

1000年ぶりに目覚めていきなり女の片乳を鷲掴みにして

唇をむさぼるように味わう。

おいおい、ただのエロおやじじゃないですか。

とりあえずおっぱいというのは

人間界だけのお約束じゃなかった。

悪魔界にもそのルールがあったなんて。

もしかして天使界にもあったりして。

しかも気が済むまで乳と唇を味わうと店ごと爆破!

男前過ぎるぜ、サタンの旦那。

選ばれたんだかなんだか知らないが

運命の女とパコパコやることがサタンの旦那の目的なんだそうだ。

その女と一発やると世界が滅亡するらしい…。

そんなことで滅亡する世界なら

さっさと滅亡しちゃってくださいって思った。

あってもなくてもいいしょうもなストーリー。

世界の滅亡がかかっているとかいって、

教会のやつらがあたふたするが、まったく阿保臭い。

欠伸が止まらないよ。

撮影に金はかかっている。

確か150億円。

ビル街にヘリを飛ばしたり

教会を燃やしたり派手なんだけど話は退屈。

サタンに追っ掛けられる女は影薄いしなあ。

サタンとの対決だ~ってんで、シュワがいろんな武器で武装するところは、

「お、きたきた。まってました」って感じだったが、盛り上がったのもつかの間、

意外に地味に終わってがっかりした。

イレイザー」にでてきたロックオンつきのレールガンぐらい凄い武器がでてきてくれたら面白かったのにね。

まあ、世界が破滅することなく今年も無事に新年を迎えられそうで、なによりです。

DMMでDVDを借りる

"「エンド・オブ・デイズ」を観たんだ【映画】アーノルド・シュワルツェネッガー主演のオカルトアクション"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]
認証コード:[必須入力]

※画像の中の文字を半角で入力してください。