アイデンティティー

アイデンティティー

アイデンティティー


大雨で遮断された田舎のモーテル。

偶然集まった11人。

それぞれ腹に一物ありそうな面々。

そこで起こる殺人。

一人ずつ殺されていく。

閉鎖的な場所で起こる連続殺人というミステリーの王道にひねりを加えたお話ですな。

ネタばれさせるのが早すぎるような気がせんでもない。

もうちょっとひっぱってくれたほうが、楽しめるんですよ。

実はこれは全部ほにゃららなのよ、っていうのは最後にどかーんと来てほしい。

だからこれ順番間違っているのよ。

ネタばれ書くけど、

子供の人格が殺人を犯す人格だとわかるのがラストシーンになっているけど、

子供が実は犯人というのはありがちでベタ。

なので、

モーテルの出来事は全て多重人格殺人者の頭の中のことだという部分をラストに持ってきてほしいわけ。

子供が犯人だとわかる→殺人者の頭の中の話だとわかる

この順番でやってほしかった。

題名だってアイデンティティーじゃないですか。

メインディッシュはラストで味わいたい。

そうすりゃもっと話題になったんじゃないかね。

映像は素晴らしいし。

ジョン・キューザックとレイ・リオッタというメジャー映画常連組が

でているが地味な作品に思われているような。

あと、なんですかね、アメリカには傘が売ってないのか?

傘をさす習慣がないのか。

あとあの女の人、初対面なのに

みんなから売春婦と一発で見抜かれていましたがなぜだ。

とくにそれらしい格好してないと思うけど。

あの服装で売春婦なら日本の街を闊歩しているガールの80%は売春婦ですよ。

演出なんですかねえ。

・オリジナルサウンドトラック / アイデンティティー

・アイデンティティー/ノベライズ

脳が殺す―連続殺人犯:前頭葉の“秘密”

シナプスが人格をつくる 脳細胞から自己の総体へ

統合失調症あるいは精神分裂病 精神病学の虚実

ツタヤオンライン

オンラインDVDレンタルのDMMで「アイデンティティー」をレンタルする

関連する商品

この記事へのコメント

  • kimion20002000

    TBありがとう。

    僕は、この映画、ネタあかしをぎりぎりフェアにやっているな、という印象でみました。

    「子供人格」の出すタイミングもね。

    だけど、初見のカップルだと、半分ぐらいは、多重人格つまり冒頭のシーンと直接つながらず、犯人探しの気分も味わえるんじゃないかしら。
    2005年11月17日 13:02
  • ユカリーヌ(月影の舞)

    TBありがとうございました。
    こちらからもさせていただきました。

    いろんな伏線をちりばめていたから、
    勘の鋭い人はかなり早い段階で
    わかっちゃいますね。
    私はあまり追求しないで観たので、
    割とスコーンと騙されて、心地よかった
    ですよ。
    2005年11月17日 16:37
  • exp#21

    TB&コメントありがとうございました。レビューとても丁寧ですね。僕はこの映画はどうも水に合わなかったのですが、売春婦のくだりは本当に僕もそう思います。なんで?って思いましたもん。想像の中だからいいのでしょうかね。
    2005年11月17日 17:19
  • Kaworinlove55

    TBありがとうございました。
    確かに殺人者の頭の中→子供よりも
    子供→殺人者の頭の中のオチの方がインパクト
    ありますよねぇ。
    2005年11月17日 20:23
  • bishop

    こんばんは、kimion20002000さん。
    フェアかアンフェアかでいえば、真面目にフェアに作ってある映画だなとぼくも思いました。普通の密室ミステリーだと思って期待して見た人は、ちょっと怒るかもしれんけど。

    こんばんはユカリーヌさん。
    いやー、ぼくも結構最後までだまされてました。ここまで不可解なことが起こるってことは、こ、これはもしかして、、、って感じでした。

    こんばんはexpo#21さん。
    ぼくはアイディアはすごくよかったんだけど、オチの順番に納得がいかなかったって感じです。映像はよかった。売春婦のくだりは、なんでしょう、それぞれの人格は表面上はお互いを知らないけど、実は無意識的に存在を感じあってるからってことなのかなあ。

    こんばんは、Kaworinlove55さん。
    逆のほうがインパクトあるんじゃないのと思ったんですけど、DVDのオーディオコメンタリーで脚本家がいろいろ意見があったが、頭の中→子供のオチでよかった、納得しているとか言ってて、ふーんそうかあ~?って思っちゃいました。

    2005年11月17日 23:09
  • 結局映画かよ

    TBありがとうございました。また遊びに来てくださいね!!
    2005年11月18日 00:08
  • カヌ

    トラバどもです。
    私は犯人捜す気満々で観て、振り回された上にすっかり騙されたので、悔しさと嬉しさとが交じり合った複雑な心境でした。上映されてる所が少なかった(と思う)のが残念な作品でしたね。
    2005年11月18日 00:48
  • 小夏

    こんにちは。
    TBありがとうございました。
    「アイデンティティー」というタイトルから、「頭の中の出来事」というオチが序盤でうっすら浮かんでしまったので、個人的にはあの順序がベターかなと思ってました。
    私の場合、最初のオチは気づいたものの、ラストのオチには見事に騙されたクチなので(^^;
    2005年11月18日 11:25
  • bishop

    こんばんは、結局映画かよさん。
    1日1本ペースとはすごい。尊敬します。また感想読ませてもらいまーす。

    こんばんは、カヌさん。
    そうなんですよねえ。メジャーな役者がでているし、映像の感じも良くできているし、設定も変わっているし、もっと話題になってもよさそうなんですけど、いまいち話題にならず地味な扱いですね。

    こんばんは、小夏さん。
    なるほど~、題名も観客を誘導する装置になってるわけですね。そう考えると子供が犯人というオチが最後になるのもいい感じですね。脚本家が満足げに語ってた訳がわかりました。

    2005年11月18日 21:56
  • D

    TBありがとうございました♪
    また遊びにきてください!

    ブログこれから拝見させいただきます!
    2005年11月19日 08:47
  • bishop

    こんばんは、Dさん。
    また感想読ませてもらいます。
    よろしく~。
    2005年11月19日 20:34

この記事へのトラックバック