『冷飯とおさんとちゃん』を観たんだ【映画】山本周五郎原作、中村錦之助主演、田坂具隆監督、3つの人情ドラマをおさめたオムニバス時代劇



冷飯とおさんとちゃんとは珍妙な題名だなと。

「おさんとちゃん」とはなんだ?みたいな。

見たらおさんとちゃんではなくて

3つの物語のオムニバス時代劇ドラマで

「冷飯」と「おさん」と「ちゃん」でした。

映画観るなら<U-NEXT>

おさんというのは女の名前で

ちゃんというのは、お父ちゃんのことっすね。

中村錦之助がそれぞれ年齢もタイプも違う男を演じてます。

冷飯では旗本の四男で若い20歳ぐらいの男、

おさんでは大工で壮年期の男、

ちゃんでは火鉢職人で嫁と子供がいる中年の男。

1時間ぐらいのお話が3つです。

どれも人情ドラマですね。

なんか男の生き方の悩みみたいな話。

冷飯では4男なので役職につけず

稼ぎもないので好きになった女を

嫁にもらうこともできない。

でも腐らずまっすぐな性格なので

そこを見込んだお偉いさんに引き立てられて

仕事につけることになって

所帯を持つこともできてうれしいみたいな。

境遇の違いで扱われかたが違うことに

落胆して下を向いて生きるより

毎日まっとうにやってればいいことあるさみたいな

明るい希望のある話でしたね。

「おさん」は女との関係で悩む男の話です。

おさんという快楽に身を任せて没頭する性質をもつ女を

妻にした男の苦悩。

おさんを三田佳子が演じてるんすけど、

これがいいんだ。

うまい。

別に裸になってるわけじゃないのに、

しゃべり方にもうなんか色気がにじみ出てて

なんかフェロモンが画面からにじみ出てきてるみたいな演技なんすよ。

いやー、うまいっすね。

おさんは男と女の営みのとき

快楽に没頭して目の前の中村錦之助の存在を

忘れるほど夢中になってしまう。

一種のトランス状態。

そこで知らない男の名前を呼んだりする。

中村錦之助はたまらない気持ちになるわけです。

自分置いてけぼりな感じ。

焼いてくれてうれしいとか

無邪気におさんは言うんすけど、

自分の好きな女が自分と寝てるはずなのに

自分のことは通り越して、昔の男たち全員と

寝ているような、男という概念そのものと快楽の世界で

感じている姿を見せられて困惑みたいな。

おさんの性に向き合うことができなくなった中村錦之助は

おさんと距離をとろうと旅に出ます。

女という生き物がわからないと悩む壮年期の男。

旅の途中で女と知り合って

その女に好かれたりもするんすよ。

女というものがわからないと悩む中村錦之助なんすけど

最後はわかろうとするのではなく

ただそのようなものとして

向き合い受け入れるのだと気がつくみたいな。

最後の「ちゃん」はおっさんの異世界転生ものかと思った。

なんかすごいいい話なんすよ。

いい話というか、いい妻、いい子供たちすぎるので

こんなこと現実世界ではありえない、

異世界転生したハーレム小説世界かみたいな感じに思いました。

仕事は丁寧でまじめだが、

今はそんな地味なのは流行らないと

仕事を認められない火鉢職人。

うまくいかねえと酔ってくだまくぐらいしかできない。

適当な仕事して羽振りよくやってる昔の仲間から

一緒にやらないかとさそわれても

職人のプライドがそれを許さない。

でも、ほかにいい案も浮かばない。

酒飲んで酔っ払うしかない。

こんなオヤジだったら普通、奥さんも子供も愛想つかして

けなしたりなじったりしそうなもんだけど

ここの奥さんと子供はまったくそんなことしません。

息子は、おいらはやく一人前になって

父と母に楽隠居させてやるよと仕事にせいをだす孝行息子。

奥さんは酔って帰ってきても文句ひとつ言わない。

酔っぱらって連れ帰った知らない男が

泥棒しても、あんた何やってんのとか言わない。

娘たちも当たり前のように父ちゃんの世話やいたりするわけ。

家族全員、父ちゃんが大好きなのです。

こんなバカな……。

中村錦之助は悪いやつじゃないんすよ。

こんないい妻と子供に迷惑かけられない

俺がいるとこいつらに迷惑かけると

だまって家出しようとするんだけど、

奥さんと子供たちに見つかって、

父ちゃんが家出するっていうんだったら

みんな一緒についていくっていって引き留められる。

あまりにもすごいいい話すぎて、おじさんが考える都合のいい

異世界転生なろう系小説かと思ってしまった。

すべて中村錦之助が酔って酔いつぶれてるときに

見てる夢なんじゃないのかみたいな。

ハッって目が覚めたら、息子はぐれてて娘は無視してくるし

奥さんは鬼の形相で怒ってるみたいな現実になるんじゃないかとか

勝手に想像してしまいました。

なんかすれてるのかな気持ちが。

悲惨なことになる物語に慣れてるから

いい話だとなんか物足りないような気がしちゃう。

3話ともいい話でよかったことはよかったんすけどね。

冷飯食わされても腐らずいこうよ。

女の性をそのまま受け止めようよ。

みんな父ちゃんを好きになろうよ。

なろう系時代劇か。

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中!

冷飯とおさんとちゃん
冷飯とおさんとちゃん [ 中村錦之助 ]

関連する商品

この記事へのコメント