『野獣を消せ』を観たんだ【映画】渡哲也、藤竜也、尾藤イサオ、川地民夫出演、長谷部安春監督による日活クライムアクション



主演は渡哲也なのだが、主役は渡哲也ではなかった。

話の中心なのは敵側なんすよ。

藤竜也をリーダーとする不良グループが主役でした。

藤竜也はジープ乗ってて、

尾藤イサオ、川地民夫らはバイク乗りです。

悪い不良たちです。

女を見かければレイプ。

盗んだ酒を脅してクラブに買わせる。

暴走暴走、また暴走の享楽に溺れる毎日を

おくっている無軌道な悪党たちです。

こいつらがなかなかいいいい味だしてんすよ。

作り手は渡哲也よりも

こいつたちに感情移入してるっぽいです。

キャラが分かれてていいんすよ。

尾藤イサオのイカレ具合なんか

本物っぽくてよかったですよ。

ゲヘヘ、女だあ~って笑いながら

女を犯すやつです。

楽しいぜえって感じで笑いながら悪事をやるやつらです。

そんな手下どもを見てフハハハハハっと

高笑いしてんのが藤竜也。

悪事を喜々と働いてる仲間を見て、

それをおかずにして女といちゃつく変態です。

なんかこの藤竜也のキャラは、

野良猫ロックシーリーズでも同じ感じじゃなかったですっけ。

ジープにのって馬鹿笑いする不良キャラ。

まあ、そんな悪いやつらが

渡哲也の妹をレイプするんすよ。

妹はそのショックで自死。

妹の死の知らせを聞いて渡哲也は海外から帰国です。

職業はプロハンター。

ライフルを機内持ち込みの手荷物で飛行機に持ち込んでるのが

時代だなあって感じですね。

今じゃあれこれ厳しくて何にも機内に持ち込めないのに、

ライフルですよ。

手荷物でライフル。

普通に入国審査でライフルを見せて

扱いに気をつけてくれって言ってます。

そんで妹をレイプしたやつらは誰かはわからないんすよ。

その街にはそんなことするやからは五万といるらしいです。

凶悪犯罪都市です。

しょうがねえから、ジョー山中が整備してくれてたバイクを

走らせていると藤竜也グループが

車の女性にちょっかいをだしてるとこに遭遇。

熱血漢である渡哲也は見過ごせず、

間に入って女を逃がします。

ここで偶然か、運命のいたずらか、

妹をレイプした犯人たちと因縁ができる。

このとき渡哲也はやつらが妹の仇と知らないし、

藤竜也たちもあの女の兄が渡哲也だと知りません。

そのまんま話が進んでいきます。

妹の敵だとわかるのは、映画が始まって1時間ぐらいしてからです。

なげええ。

それまでその車の女性をめぐっての小競り合いが続く。

女は政治家の娘とわかって

藤竜也らは身代金をゆすることを思いついて

お金の受け渡しをしたりするシーンが続くけど

この誘拐のくだりはいるのかなみたいな。

渡哲也の影がいまいち薄いのは

妹の復讐に熱心ではないからですね。

なんか行きがかりでかかわった女の敵が

偶然、妹の仇だったっていう感じなので

偶然、たまたまだとなんか燃えないです。

渡哲也もすかしてるし。

やっぱ敵側のギラギラしてる藤竜也一味のほうが

人間味もあるし面白いんすよ。

警察が迫ってやばいってなるんだけど、

おれたちどこにも逃げるとこない、

この町で生きるしかないんだって腹くくるのも

なんかこいつら悪党だけど、

どこにも行き場のない悲しいやつらなんだなって感じがして

哀愁がありました。

新型コロナウィルス蔓延でコロナパニックが起きても

どこにも逃げ場はない現在、この映画を見ると

いっそう藤竜也たちのほうに感情移入しちゃいますね。

かといってヤケクソになって

ヒャッハー!ってやるわけにもいかんですし。

ただただ辛さを奥歯を噛みしめて耐えるのみ。

渡哲也 俳優生活55周年記念「日活・渡哲也DVDシリーズ」 野獣を消せ 初DVD化 特選10作品(HDリマスター)
野獣を消せ

関連する商品

この記事へのコメント