『ボディガード牙』を観たんだ【映画】千葉真一主演の空手アクション



なんのこっちゃ、これはと。

千葉真一が空手の使い手で凄腕のボデーガード役やってる。

おもしろいのはそこだけでした。

コホー、カッカっと独特な呼吸法で気をためて

コーラ瓶の首を手刀一発で刎ね飛ばす千葉ちゃん。

顔は日焼けなのかなんなのか黒光りしてます。

空手最強をPRするためにボディガード業務をするという千葉ちゃん。

偶然乗った飛行機でハイジャックに遭遇して

ハイジャック犯人たちをぶちのめして記者会見。

ボディガード宣言。

そのテレビを見ていた謎の女性が身辺警護を依頼してきます。

4日間だったっけ。

料金は1000万円です。

たけえ!

まあでも命を守ると思えば安いのかな?

いきなり千葉ちゃんの妹が依頼者に間違われて襲われます。

妹も空手のけっこうな使い手なのだが、

敵は複数。

気絶させられて全裸にされて

教会の十字架が地面に投げかける影の上に

十字架にはりつけられたように見えるように置かれて辱められます。

敵は手首に北斗七星の刺青がある連中。

マフィア?

依頼者はマフィアに狙われている!

依頼者は北斗七星マフィアに暗殺されたマフィアのボスの女で

マフィアのドラッグを日本で取引するために来てたみたいです。

北斗七星マフィア、ドラッグの取引相手、ひいては

取引をかぎつけたあやしいクラブ経営してる3兄弟が

依頼者を狙ってくるのを、千葉真一は守ることができるのか。

そんな感じのストーリーなんすけどあんまりおもしろくないですね。

千葉真一の空手アクションが

腕はもげるし、目玉はえぐるしで

アクションの地味さのわりに破壊力がとんでもないのが

笑えるぐらいで、なんかいまいちなんすよねえ、全体としては。

そして最後は、貧乏は嫌!だもんなあ。

みんな貧乏だった。

子供のころに貧乏で苦労した。

依頼者も千葉ちゃんも3兄弟もみんな貧しさの中から

這い上がって栄光をつかもうともがいたわけです。

争いの根源は貧しさだった。

すべてがすんだあと、

日本でのPRは終わった、次は世界だと

颯爽と世界に旅立っていくボデーガード牙であったのだ。

なんのこっちゃ。

ボディガード・牙予告編

関連する商品

この記事へのコメント