『忍者秘帖 梟の城』を観たんだ【映画】司馬遼太郎原作、工藤栄一監督、忍者の生き様を描いたダイナミック時代活劇



忍者時代劇。

ちょっときつかったっすねえ。

様式美スタイルの時代劇でもなく、

かといって泥臭いリアル路線の時代劇でもなく。

中途半端な感じというかなんというか。

忍者アクションも少しあるんすけど、

基本的にはドラマです。

忍者ドラマ。

裏の存在、日陰者の忍者の生き様として

どう生きるのが良いのか惑う忍者たちのドラマ。

織田信長にボコボコにやられた伊賀忍者。

権力者への復讐を誓うものと

権力者側について出世を狙うもの、

二人の違う生き方を選んだ忍者が主役の話です。

時代は変わって信長は死んで豊臣秀吉の時代になってます。

豊臣秀吉の暗殺を狙う忍者と

武士になってそれを阻止しようとする忍者の

小競り合いの描写が続きます。

これがちょっと映像的に今見るときついものがあったなあ。

黒装束、背中に刀のいかにもザ・ニンジャなかっこうで

手裏剣ぴゅぴゅぴゅとかやってんだもの。

それに主演の二人はけっこう歳がいってるのか

動きにキレがない。

なんかうだうだやってんなあみたいな。

最後、秀吉のところでのやり取りが

この話の肝なんでしょうね。

権力者を暗殺したところで、

権力の座をめぐって戦乱が起こるだけ。

出世をねらって頑張っても、

失敗したら上司は簡単に切り捨てる。

復讐も出世もばからしい。

だったら女でしょ!みたいな。

好きな女、好いてくれる女と一緒に

面白おかしく楽しく暮らそうや!それが正解や!みたいな。

世の中が乱れてどうなろうが

好きなやつらと楽しく毎日を過ごすのがええやん?みたいな。

まあ、そうなんだろうけど、

それが難しくてみんな苦しんでるんだけどなあ。

忍者秘帖 梟の城
忍者秘帖 梟の城 [ 大友柳太朗 ]

関連する商品

この記事へのコメント