『尻啖え孫市』を観たんだ【映画】司馬遼太郎原作、三隅研次監督、萬屋錦之介、勝新太郎出演による時代劇



時代劇。

織田信長とか豊臣秀吉がでてくる時代の戦国歴史ものです。

主役は中村錦之助演じる雑賀孫市。

当時、3000人の鉄砲隊を従えて、

信長も一目置いていた武将だそうです。

実在したのかフィクションなのかよくわからんけども、

傾奇者って感じのいいキャラクターはしてます。

出演者はみんないい感じなんすよねえ。

織田信長役は勝新太郎。

豊臣秀吉は中村嘉葎雄。

孫市が惚れる女、小みち役に栗原小巻。

孫市の父親役には志村隆とみんな時代劇の衣装に負けない

強い個性のある役者たちでよかったです。

まあでも、話がなあ。

いまいち面白くない。

戦国武将ものによくある感じで

表面的に時代を追っていくだけになってて

どうも一つの盛り上がりのあるお話としては見れない感じで。

司馬遼太郎の小説が原作らしいんすけど、

小説だったらこれでいいんだろうけど、

2時間の映画とするとなんか間延びしてるし、

エピソードが飛び飛びすぎて

人間関係の深まっていく様子も描けてないしで

いまいちな出来栄えだと思いました。

日本の覇者になろうと

力を増していっている織田信長に歯向かう気概。

敵になろうとも腐れ縁で

友情みたいなものを感じている秀吉との関係。

足を見ただけでひとめぼれした小みちとの色恋。

そういうのがまったくドラマとしてはうまく描けてないです。

合戦のシーンとかもあるんだけど、省エネですね。

うーん、このころはもう邦画界も斜陽だったから

予算的に豪華にやるのは難しかったんすかね。

なんとか工夫して大合戦のように

見せようとしてましたけど、ちょっと苦しかったかな。

カラスの張りぼてを乗せた荷車を引っ張りまわして

敵陣につっこんで鉄砲撃ちまくるとか

なんかちょっと滑稽で笑っちゃったなあ。

まあ、中村錦之助の

背中に黒いカラスのワンポイントがはいったオレンジの羽織姿は

なかなかかっこよかったのでそれでよしとしましょうか。

尻啖え孫市 [ 中村錦之助 ]
尻啖え孫市

関連する商品

この記事へのコメント