『虹蛇と眠る女』をGYAO!の無料動画で観たんだ【映画】ニコール・キッドマン、ジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィーヴィング共演のサスペンス



よくわからない。

俳優の謎めいた何かありそうなうまい表情演技で

間は持ってるけども、何もないみたいな。

サスペンスミステリーっぽいお話なんすけど、

中身はまったくそうではなかったです。

ミステリーなムードだけで

何にもなく終わる。

うーん、なんだったんだろ?これは……みたいな。

なんか無理やりこじつければ、

原罪により崩壊していく家族の姿を描くみたいな感じですかね。

なんていうか、女という性にもともとある

阿婆擦れ願望に苦しめられる母と娘みたいな。

男を誘って男に抱かれてこその女みたいなふしだらな熱情。

母親にも娘にもそれが色濃くある。

娘は教師と恋仲になって淫行問題起こしてます。

それで家族は今の町に引っ越してきたという経緯があるわけ。

娘は全然こりてなくて

町の若い男たちと関係してる評判のヤリマン娘。

父親は俺と全然似てない、お前に似たんだなとか

ニコール・キッドマンをなじります。

これもよくありますね。

父親が自分の子供がほんとうに自分の子供なのか

疑ってしまうこと。

母親が阿婆擦れだからほかの男と関係して

できた子供で自分とは血がつながっていないのではないかという

恐怖が父親にはある。

それでいまいち子供に愛情をもてない。

娘を探すのにあんま熱心じゃないんすよねえ。

娘の淫らな面を知ることになるから。

ニコール・キッドマンもわたしが阿婆擦れだから

あの子も阿婆擦れなのかとか精神を病んでいき

砂漠で全裸という奇行に及びます。

人間が持つ原罪によって苦しめられて

崩壊していくある家族の姿みたいな。

子供の失踪事件というのは、単なる設定でしかないので

結局、失踪が事件なのか犯罪なのか家出なのかは

描かれずに終わります。

おかしくなっていく家族を見るだけの映画なので

見ても暗い気持ちになるだけで

あんまおすすめできませんね。

出てくる役者がちゃんとしてる一線級なのでなんか

雰囲気で観れちゃうとこあるけどおもしろくはないです。

なんでこの話にジョセフ・ファインズ、ヒューゴ・ウィーヴィング、

ニコール・キッドマンが出演してるのかそれがミステリーです。

虹蛇がどうしたこうしたみたいなおばあちゃんの言い伝え話は

結局何か意味があったのかな?

白い人が最初にきて次が黒い人で最後に子供が

どうしたこうしたみたいな伝説。

なんかのメタファーとか意味とかあったんでしょうか。

全然意味わからない。

生まれながらに罪深い存在である人間は

責め苦の中でもがくしかないのだみたいな

暗くて辛いドラマでした。

虹蛇と眠る女予告編

関連する商品

この記事へのコメント