『ジャッジメント・フライ』をGYAO!の無料動画で観たんだ【映画】飛行するジェット機の中で目覚めた見知らぬ7人、誰が何のために?チャリオット計画とは?ワンシチュエーションサスペンススリラー



飛行機内部だけで展開する

ワンシチュエーションミステリーサスペンス。

これは低予算ですね。

訳も分からず飛行するジャンボジェットで

目を覚ました見知らぬ7人が

これはいったいなんなのかと

動揺、混乱する様子を描き続ける。

限定空間にわけもわからず集められた人たちが

わちゃわちゃするっていう

よくある感じのやつです。

それだけなのでちょっときついですね。

30分とか1時間とかで

ドラマの1話って感じの尺でやってくれたら

スピーディーになって観れるかもしれないけど

これだけで90分やられると

さすがに間延びがしてきつかったです。

それにわけのわからない状況を

解明していく謎解き的なおもしろみが

あんまりなかったです。

乗客の人たち物わかり良すぎなので

早い段階で政府の計画の実験でこんなことになってる

っていうのがなんとなくわかる。

手違いで死人が出て

騒いだりするんだけど

なんかよくわからんのでスリルがないし。

コックピットを開けさせるために

偽の爆弾を作って扉に仕掛けるのを

カメラで見せたらパイロットが焦って開けるだろう計画は

なんでそんなんでいけると思うのか

よくわからんのだが

みんな、よしそうしよう、それしかない!って感じになる。

そして成功する。

どういうこっちゃ?

あとはとくに意外な展開とかなくて

政府の秘密計画の実験だったけど

失敗で隠蔽されたでおしまいです。

合間合間にちょこちょこ

登場人物の背景を説明するシーンとかあったけど

それもたいして意味ない感じだったし。

トラック運転手の人が実は

あの人の子供を救ったヒーローだったという話も

意味あったのかなかったのかよくわからんし。

こういう低予算を空間限定でカバーする映画って

緊張感とかスリルの演出がうまくできないと

ただの貧乏くさいいまいち映画になっちゃうから

難しいですね。

ジャッジメント・フライ [ アンソニー・モンゴメリー ]
ジャッジメント・フライ予告編

関連する商品

この記事へのコメント