『レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳』をGYAO!の無料動画で見たんだ【映画】



日本統治下の台湾の話。

日本人が悪役で出てきます。

ジャッキー・チェンが主演なんすけど、

なんかあんまり主演みたいな感じがしません。

ブルース・リー亡き後、次のカンフースターを作るために

スタントマンだったジャッキー・チェンが選ばれて

十数本の主演映画契約をした時期の映画かな?

ド新人時代のジャッキー・チェンが見れます。

目が一重でたれ目時代。

主演だけど主演の感じがあんましないのは、

新鮮だけどまだ主演の華みたいなものがないっていうのと

出番が微妙に少ないような気がするからですかねえ。

悪役の岡村のほうが印象が強くて、

こっちがまるで主演のようだ。

ふんどし姿で殺し屋を返り討ち。

ときどき変な日本語をしゃべります。

またこいつの娘の千代子が強烈。

ごついキンタローみたいな人で、

めちゃくちゃ強くて

男たちを容赦なくボコボコにボコりまくる。

こえええ~。

悪役としては申し分ない凶悪さです。

話としては非道をする日本人に苦しむ台湾の人という構図で

ジャッキー・チェンはみなしごのコソ泥で

最初は俺には関係ないよって感じで傍観してるのだが

岡村がノラ・ミャオたちに難癖をつけて

道場の看板を破壊したことに怒り心頭。

うおおおお~、許せんぞおと奮起。

割り箸を持って民衆の前で演説です。

1本の割り箸なら簡単に折れるが

束になれば折れない。

俺たちも結束してやつらに立ち向かおう!と煽る。

さらには服を脱ぎ棄て、指を噛んで血文字で

胸にノラ・ミャオの道場の名前を書いて、

俺は今日からやつらに対抗するために道場で体を鍛えて

カンフーを練習するぞとパフォーマンス。

それを見た民衆たちは

そうだそうだと追従するみたいな

いいシーンなんすけど、

服を脱いだジャッキーの体は、すでにムキムキで

これ以上鍛えようがないほど仕上がってて

なんか笑ってしまった。

その後カンフーの修行シーンになるのだが、

ただのコソ泥青年だったジャッキーが

なぜかカンフーの天才で

簡単にメキメキと上達していく。

奥義を授けようと先生がカンフーの型を一度見せると

すぐにすべてを会得して

自分のものにしてしまうジャッキー。

な、何者なんだ……。

そんで最終決戦となるわけですが、

てっきり奥義で敵を倒すのかと思ったんすけど、

奥義全然活躍しなくて、ズコーッっと。

一応、必殺奥義!みたいな感じで

手がユラユラと蜃気楼のようになる

特殊映像のところがあるのだが、

それで勝負が決まるわけじゃない。

決着は日本刀。

それに最後は、軍隊の集中砲火を浴びて

死んでいくジャッキー・チェンたちという

バッドエンディングになってて、

後味めちゃ悪いです。

まあ、いろいろ変ではあるけど、

悪役の悪っぷりのよさと

フレッシュなジャッキー・チェンのキレキレの動きで

なかなか見れる映画ではありました。

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳予告編

レッド・ドラゴン 新・怒りの鉄拳 <日本語吹替収録版> [ ノラ・ミャオ ]

関連する商品

この記事へのコメント