『神の一手』をGYAO!の無料動画で観たんだ【映画】



囲碁+ヤクザ+モンテ・クリスト伯って感じのリベンジサスペンス。

いやー、設定とか登場人物とかはよかったんすけど、

肝心の復讐の見せ方がうまくなかったです。

囲碁関係ねえし!みたいな。

最初っから暴力でやってたらよかったんじゃみたいな。

神の一手がどうのこうのって、

囲碁じゃなくて

拳での一発、刃物での一刺しのことか~みたいな。

知能で敵をはめて破滅させるのかと期待するじゃないすか。

だってわざわざ囲碁を出してくるんだから、

当然、知的ゲームになるんだろうと思うわけだけど

結局、暴力かあみたいな。

モンテ・クリスト伯みたいな出だしもよかったんすけどねえ。

ひ弱な男が刑務所で鍛えられ、

復讐計画と資金を手にシャバに舞い戻る。

情報収集と仲間集めをしていざリベンジみたいな。

最初はなかなかよかったです。

髭眼鏡の弱っちい囲碁プロだった主人公が、

刑務所で師匠に喧嘩のやり方を習い

ムキムキのイケメンになって舞い戻ってくる。

いい出だしじゃないすか。

それが後半、なんかよくわからなくなってしまう。

敵側に飼われている女囲碁師とのロマンスぽいことがあったり、

子供の囲碁天才が売られてきたりとか

なんかキャラはいろいろと出てくるんすけど、

それがうまく物語として機能してなかったです。

リベンジものでよくある展開にもなります。

うまくいったと思ったら、

弱点をつかれて仲間があっさり捕まって

拷問みたいなことやられるとか。

おお、これをどうやっておさめるのかとおもったら、

囲碁で知的リベンジと見せかけての

やっぱり暴力!みたいな。

まあ、囲碁はたんなるきっかけ要素にすぎなくて

基本的に裏社会のヤクザな人たちの世界の話なので

最後は暴力でってなるんだろうけど、

なんか腑に落ちないっすよねえ。

囲碁どうでもよくないか?みたいな。

そのへんが残念なんすよねえ。

神の一手予告編

神の一手 [ チョン・ウソン ]

関連する商品

この記事へのコメント