『地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団/森功』を読んだんだ【読書】



積水ハウスが63億円だまし取られた事件で

地面師という詐欺師が話題になりました。

地面師ってなんじゃらほいってことで

興味がわいたので本を読んでみたってわけ。

地面師って所有者になりすまして

他人の土地や建物を売って代金を詐取する人たちらしいです。

積水ハウスの事件を知ったとき、

あんな一流会社で不動産売買のノウハウも経験もあるプロが

63億円もだまし取られるってどういうことだろうって

思ったんすけど、この本読んだら

まあだまされることもあるだろなって感じです。

地面師がグレーな存在というかね。

普通の不動産ブローカーと地面師の境目があいまいなんすね。

大きな絵を描くプロ地面師もいるんすけど、

普通の不動産売買もやりつつ、地面師案件も小遣い稼ぎにやるみたいな

半分地面師みたいな人たちが多くいる業界が不動産業界みたいなんすよ。

地面師に協力する弁護士や司法書士もいるみたいだし。

書類を偽造して、所有者になりすます人作ってという部分以外は

普通の不動産売買と同じ手順なので

積水ハウスだろうがなんだろうが

だまされるときはだまされるんじゃないかみたいな。

それに63億ってすげえええって思うけど、

逆にいったらそういう高値の物件は

誰もが欲しい好物件なわけで

いろんなとこが争奪戦するから買えるチャンスだとなったら

手続きの不備も見過ごしがちになる。

積水ハウスの事件でも、

所有者が偽物だという文書がおくられてきたりしたらしいんすけど

積水ハウス側は怪文書、他の業者の嫌がらせとして処理したみたいなんすよ。

おかしいな、あやしいなということがあっても

おいしい物件を手に入れるチャンスだというスケベ根性が

警戒感を鈍らせる。

地面師詐欺はやり得な犯罪でもあるようです。

なかなか立件起訴されない。

偽造書類とかなりすましとかは後から調べれば

すぐにばれることは想定内。

相手から代金を詐取するまでの時間稼ぎができればいいので

とにかく早く取引きを完了させようとせかす。

間にいろんな会社をはさんで転売繰り返したり

弁護士事務所を契約の舞台にしたりとか

そのときだけしのげればいいみたいなやり方するみたいです。

それで事件が発覚しても起訴されないことが多い。

なりすまし役が起訴されるぐらいで他は逮捕されても釈放で

不起訴になることが多いみたいです。

あいだにはいった弁護士とか不動産業者とかが

自分も所有者が偽者とは知らなかった、

通常の土地売買だと思ったと善意の第三者であると主張したら

それが嘘だと証明するのが難しいみたいなんすよ。

どっからどこまでが地面師グループなのか、

だまされた人なのかを見分けるのが困難なので警察が捜査しづらいみたいな。

詐欺って立件するのが難しいみたいですね。

高齢化無縁社会が加速していくこれから

こういう地面師詐欺はどんどん増えていきそうだなあ。

土地所有者が高齢で入院したり亡くなったりして

相続者がいないとか疎遠でわからないとかで

所有者が誰かよくわからないあやふやな物件が増えてくるだろうから

地面師がつけこみやすい状況が増えてくるわけで。

それに弁護士や司法書士も数が増えて仕事とるのも大変な時代なので

地面師の片棒でもなんでも担いで稼ごうっていう士業も増えるんじゃないすかね。

問題になってもすっとぼけてりゃ軽くすむんならやろうかってなるんじゃないすか。

なんか戦後の闇市のどさくさで土地をぶんどった時代と

今もたいして変わらない時代なんだなと。

今の政府が株を買い支えてるのがもたなくなって

不景気が数字としてどんどんでてきたら

地面師はますます活動的になるんじゃないすかね。

地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団 [ 森 功 ]

関連する商品

この記事へのコメント