『ぼぎわんが、来る/澤村伊智』を読んだんだ【読書】迫りくる謎の化け物“ぼぎわん”から幸せな家庭を守れるのか!似非イクメン、女性霊能者、育児ノイローゼ、オカルト入り乱れるホラー小説



3部構成になってます。

第1章は、得体のしれない化け物から家族を守ろうと

悪戦苦闘するイクメンお父さんの話。

第2章は、その妻の視点で語られる第1章の裏側。

第3章は、最強の霊能者姉妹による化け物退治。

第1部と第2部はけっこう精神的にくる感じで怖いなあって思って読んでました。

DVとか夫の見せかけの育児協力とか、

家庭内でうずまくどす黒い感情が化け物を呼び寄せるみたいな。

ぼぎわんっていう化け物の起源をさぐるのもおもしろかったし、

ぼぎわんの正体不明な攻撃も不気味でよかったんすよ。

でも3部がなあ。

なんかアニメみたいになっちゃうんすよ。

ふっ、どうやらわたしの出番のようだみたいにかっこつけた感じの霊能者が出てきて

ぼぎわんとバトルするんすよ。

ほんでよくわからん感じで勝利。

前半の精神的に嫌な感じのするムードが第3部で一気に雲散霧消。

聖闘士星矢になっちゃう。

ジャジャーン、最強の霊能者登場!みたいな。

最強なのでやたら余裕ぶっこいてます。

ふっ、強すぎて悪霊たちに名前がとどろいて有名になって困ってるみたいな。

日本の上層部のお偉いさんともつながってる最強のやつ来た~みたいな。

ぷぷぷっ、何これ~?みたいな。

中二病の最強バトル世界。

第1章と第2章なんだったんだみたいな。

話の中心はぼぎわんの恐怖と思わせておいての

やりたいのは最強の霊能者のすごさっぷり披露大会というオチ。

主役は比嘉姉妹なんすよねえ。

ぼぎわん影薄い。

この霊能者姉妹を主人公にした比嘉姉妹シリーズっていうのが

続編ででてるみたいですね。

キャラ立ってるからそりゃあシリーズ化しますわな。

まあでも前半のじわじわくる嫌な感じで最後までやってほしかったかな。

ぼぎわんが、来る映画化「来る

ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫) [ 澤村伊智 ]

関連する商品

この記事へのコメント