『ティンバーランド シックスインチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ』を買ってはいてみたんだ【靴】Timberland定番モデル通称「イエローブーツ」

ティンバーランド メンズ シックスインチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ

おっさんのワークブーツ。

何を血迷ったかティンバーランド買っちゃった。

イエローブーツっていうやつですか、6インチプレミアム。

ティンバーランドといえばこれみたいな定番モデルですね。

ブーツってあんまり好きじゃないんすけどね。

広告


蒸れるし、履きなれるまで硬いし、なんか面倒くさいしで

今まで買ってもあんまりはかなくなっちゃって今はスニーカーばっかなのに

たまにブーツほしい病になるときがあって

そのときに運悪くこれだ!っていうのがあると買っちゃうんすよねえ。

それが今回はティンバー。

ティンバーランドって知ってるけど履いたことないなあと思って

試しに履いてみよってなったんすよ。

ティンバーランドって悪そうな人がはいてるっていうイメージあるんすよ。

いきった若い人が、ブカブカの服着てブーツもでかいサイズをはいてるイメージ。

おっさんが履いてるイメージまったくないですね。

でも見た目はほんとワークブーツで、大工とか工事とかする人が

履いてるような見た目なのでおっさんがはいても違和感はないはずだ。

しっかりしてるし、革の質もいいし、こりゃ定番になるわけです。

ティンバーランド メンズ シックスインチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ

アッパーの縁のところ、糸のステッチかと思ったら、

ゴムをステッチのように凹凸させてるデザインなんすねえ。

防水性を高めるためにアッパーとソールを縫うんじゃなくて

接着してあるのがティンバーランドの特徴らしいです。

セメント製法ってやつですかね。

グッドイヤー・ウエルト製法のレッドウィングとは違って

カジュアルなブーツってことかな。

気になるのがベロの内側が内張なしの起毛した革なんすけど、カスが大量に出ます。

ティンバーランド メンズ シックスインチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ

足をブーツにいれて、出したら靴下が茶色い革のカスまみれで

何色の靴下でも履いて脱ぐと茶色の靴下になるほどひどいです。

うーん、これは履いていくうちにカスが出きってしまうのを待つしかないのかな。

ガムテープでちょっととってみたけど、どこまでもとれるからきりがないです。

靴下がカスだらけでこまった。

まあ、ブーツはこれだから面倒なんだなあとちょっとうんざりしましたが、

ティンバーランド メンズ シックスインチ プレミアム ウォータープルーフ ブーツ

履き心地は悪くないので、ちょっとがんばって履きこんでいこうかなと思います。

履きなれるまでどれぐらいかかるのか、また挫折するのか。

あと紐がなんか短くないすか?

一番上までちゃんと結ぶとぎりぎりなんすけど。

これは一番上のシューホールまで通すものじゃないのかもですね。

上の穴、2つ、3つは通さずにはくのが普通のティンバーランドの履き方なのかなあ?

紐とか適当にぐちゃぐちゃにゆるくしとくのがいいのかな。

まあ、よくわからんけども。


Timberland Official Online Shop

サイズはどうなんだろ。

説明にはこの靴は大きめですと書いてるのだけど、

それほど大きいわけでもない感じなんすけどね。

自分は素足サイズのプラス0.5cmにしてみました。

これでつま先はゆとりありで、

甲の部分の革がかたくてちょっときついっていう感じです。

見た目で少し大きめシルエットにしたい場合は素足プラス1㎝でも

いいかなあって感じなんすけど、あんまりでかいと甲の革がなじんできたら

ガバガバになりそうなので今回は0.5cmアップにしときました。

サイズ選びはほんと難しい。

スニーカーサイズからマイナス0.5cmから1.0cmぐらいかな。

よくブーツは大きめサイズ買って、中敷きで調整といわれるけども、

登山靴はそうなんだろけど、

普通に普段履きする場合はでかめにする必要はあんまないかも。

インソールで調整ってなかなか難しいし。


広告

関連する商品

この記事へのコメント