『SZSC005』を買ってみたんだ【腕時計】セイコー プロスペックス メカニカルダイバーズ 「ジェイドモンスター」

seiko_SZSC005_001.JPG

冬のダイバーズウォッチも乙なもの。

師走だというのに妙に生暖かい日が続く。

だから夏気分っていうわけじゃないけども、

セイコーの機械式ダイバー買いました。

SEIKO PROSPEX「SZSC005

広告

seiko_SZSC005_007.JPG

モンスターっていう愛称で呼ばれているモデルの

グリーン文字盤タイプです。

一応、ネット販売限定色らしい。

この緑のタイプはジェイドモンスターっていう愛称みたいです。

翡翠の緑ってことかなあ。

モンスターは昔、海外向けモデルで売ってて、

それが廃盤になってしばらく見かけなくなって

新モデルが出たけどすぐにまた廃盤になって

それから最近プロスペックスロゴがついて

国内モデルとして復活して

あれこれカラーバリエーション展開しだした

みたいな感じじゃなかったかな。



知る人ぞ知るセイコーの人気ダイバーモデルですね。

日付部分にサイクロップレンズがつくなど

細かいデザインの変更と、

中のキャリバーがハックと手巻き付きの

性能良いものになって

お値段も高くなりましたね。



昔の海外モンスターは2万円前後じゃなかったかな。

超円高のときは1万5千円から2万円のあいだだったような

気がしたけど記憶違いかなあ。

そう考えるとスペックアップされたとはいえ

現行のモンスターの価格は高いような気がします。

まあ、モノはいいですよ。

まずこのデザイン。

金属の塊を粗削りしてそのまんまみたいな武骨なデザイン。

メタルそのまんまみたいな雰囲気。

横から見たときのゴツゴツ感。

他のメーカーではあまり見かけない個性的な見た目じゃないすか。

武骨なんだけどシンプルなのですっきり見えて

全体としてみると

あんまりゴテゴテしてないように感じるデザインで

よくできてると思います。



文字盤のグリーンもいいんすよ。

光の具合で表情が変化します。

暗いところではシックなダークネイビーに見えたり、

明るいところでは鮮やかなエメラルドグリーンに見えたりと

色合いの変化が美しいです。

落ち着いた翡翠色でいい感じです。

seiko_SZSC005_002.JPG

夜光もよく光ります。

ベルトは無垢ステンレスバンドじゃないですね、たぶん。

軽い。

seiko_SZSC005_003.JPG

SEIKO5でおなじみの、見た目は無垢みたいに見えるけど

無垢じゃない系のベルトですかね。

シャカシャカした安い音がする。

seiko_SZSC005_005.JPG

バックルも薄くてなんだかちゃちな感じがします。

やっぱベルトを無垢にしたら定価10万円越えになるから

ベルトはコストダウンしてるってことなんすかねえ。

まあ、よくわからんけども、

このしゃかしゃかベルトも嫌いではないです。

つやありの部分とつやなしの部分があって

すごくいい見た目だし、

なにより軽いのがいいです。

見た目がよくて軽い。

だからこれはこれで実用性が高いベルトといえるんじゃないすかね。

ラグ幅は20ミリ。

ラグ近辺のコマは23ミリぐらいに太くなってて

seiko_SZSC005_006.JPG

バックルのところで細くなってます。

ベルト調整はCリングタイプ。

seiko_SZSC005_004.JPG

ピンの片方が膨らんでるタイプは初めて見たなあ。

モンスターは昔からこのピンの形なのかな。

矢印に従って押してピンを抜いたら

コマをはずして今度は逆からピンを押し込んで

Cリングに嚙合わせる。

Cリングは小さいので吹っ飛ばしてなくさないように注意ですね。

それとしっかりピンがCリングにはまるようにしないと

ピンがゆるゆるになって

簡単にはずれて脱落とか悲惨なことになるので

両側の穴から押し込んでしっかりピンがCリングにはまってるか

確認したほうがいいです。

精度は文句ないです。

キャリバーは「6R15」でカタログ値は

日差+25秒~-15秒ということですが、

いまんとこ全然それよりいいです。

日差は考えなくてもいい感じで優秀。

2週間に1度修正すれば十分かな。

まあ、ちゃんとはかってないからわからんけども。

機械式時計って時間の狂いが大きいのと

はめてなかったら止まるっていうのがあるから

いまいち敬遠しがちで

電波ソーラーでいいだろって感じだったんすけど、

1日に5分も10分もずれたら困るけど、

そんなには狂わないし

止まってても手巻きがついてたらすぐ使えるしで

機械式腕時計も悪くないって思うようになってきました。

GPS時計だApple Watchだなんだと言ってる時代に

機械式の何十万円もするロレックスがバカ売れするのもなんかわかるような。

腕時計は不要という人が普通になってるぐらいに

正確な時刻を知るのが簡単だから

腕時計には質感やファッション性、ブランド価値を求める。

まあ、それにGPSや電波時計も時刻が狂わないわけじゃないんすよね。

クオーツも機械式ほどじゃないけど月差何秒かずれるんすよね。

それを毎日、衛星とか電波とかを受信して

時計が自動で正確な時刻に修正してくれてる。

まあ、なので時刻修正を手動でするか

自動でしてくれるかの違いでしかないんすよねえ。

SZSC005_CA4250-54A_SKA427P1.JPG

シチズンのソーラーダイバーとセイコーのキネティックダイバーとならべると

モンスターがなんか小ぶりに見えます。

重さはキネティックが一番重くて

モンスターは3つの中では一番軽いかも。

セイコーのモンスターはなかなかいいものだ。

カラーバリエーションもネイビーとかブルーとかあるので

選ぶ楽しみもあるしね。

関連する商品

この記事へのコメント