『ホーンズ 容疑者と告白の角』をGYAO!の無料動画で観たんだ【映画】ダニエル・ラドクリフに角が生えた!ファンタジーミステリー



ハリポタのラドクリフに角が生えた!

なんともばかばかしい感じがするけど、

映画自体は意外なことにまじめに見ることができる

まじめなつくりになってました。

どう考えてもこれ色物でしょっていう空気が

ジャケット写真からただよってるけど

これがけっこうまじめなんすよ。

最愛の恋人を殺されて

その犯人と思われてしまうダニエル・ラドクリフ。

気分は最悪です。

もうね、警察も村の住人もみんなラドクリフが

犯人に違いないっていう方向で動いてるんすよ。

家族は一応かばってくれるけど

本心はどうだかわからないみたいな。

そんなとき目覚めたら頭から角が生えてきた。

角が生えたラドクリフと接触した人たちは、

普段は理性でおさえこんでいる欲望を口にし、

行動にうつすようになってしまう。

後ろめたい隠し事とか、

世間体を考えてできない願望とかを

ラドクリフの前であらわにする人々。

それでラドクリフはこの能力で真犯人を探すことにするわけです。

角が生えてきたっていう部分を除いたら、

けっこうシリアスなミステリーものですよ。

角が生えたっていうことも、

大げさにコメディっぽく見せるわけじゃないので

あんまりふざけた感じにはなってなかったです。

まあ、どっちかというと

ずーっと暗い感じで話が進んでいきますね。

彼女を殺した犯人捜しという

重苦しいシーンが続く中で、

ラドクリフのお仲間たちの幼少時のバカ騒ぎを描いて

彼女とのなれそめや兄弟関係や友達関係を見せるところは、

なんだかスタンド・バイ・ミーみたいで

郷愁をさそってほっこりしました。

音楽もなかなかいいんすよ。

デヴィッド・ボウイとかピクシーズとか使ってて

なつかしさがこみあげる。

そんな感じで前半、中盤とよかったけど、

最後のしめくくりがあんまりいまいちだったかな。

真犯人がわかったところで

ピークがきてしまったかなあ。

真犯人との決着のつけかたが、

なんかばかばかしくなったというか。

ここまでけっこう真面目にやってたのに、

最後で一気にばかばかしくなったみたいな。

まあ、なんていうか犯人捜しミステリーに

天使と悪魔のファンタジー要素をプラスしたみたいな

ちょっと奇妙なミステリーみたいな。

角って悪魔の象徴っすよね。

悪魔になったラドクリフに人々は欲望をうちあける。

神様にはほんとのことなんか打ち明けないんだよなあ、人って。

ええかっこしたいから。

悪魔相手なら好き勝手言える。

それで最後一瞬ラドクリフは羽がはえて天使になるけども、

悪魔はもともと業火に焼かれて地獄に落とされた天使なわけで

悪魔と天使、

善と悪は実は同じもので

どっちになるのかはその人次第だっていうね。

なんかそういう宗教的な教訓もある話でしたかねえ。

予告編

ホーンズ 容疑者と告白の角 ダブルホーンズ・エディション【Blu-ray】 [ ダニエル・ラドクリフ ]

関連する商品

この記事へのコメント