『新感染 ファイナル・エクスプレス』を見たんだ【映画】釜山行き高速鉄道で展開するゾンビパニックアクション



いやあ面白かったですね。

ゾンビものなんすけど、

釜山行きの急行列車が舞台で、よくできてたなあ。

邦題は新幹線とひっかけてあるんだろうけど、

なんかすごくダサいです。

でも内容はよかったですよ。

ゾンビものの抑えててほしいポイントをしっかりとやってて、

完成度高いって感じです。

まずは感染の恐怖。

列車が舞台なので逃げ場がなくてハラハラです。

まあ、列車をおりて駅に行くシーンもあるんすけど、

駅の外へはいけないので

基本密室で迫りくるゾンビの恐怖がありました。

噛まれたら感染するみたいなんすけど、

ゾンビ化した人間は

なんでもかんでもすぐ咬みつくわけじゃないので

けっこう肉弾戦で大量のゾンビと戦ったりするシーンもあるんすよ。

それはちょっとどうかと思ったけど、

なんかあの強い男はプロレスラーかなんかですかね。

あと人情エピソードね。

友達が感染してゾンビになったのを攻撃できないみたいな。

それとか自分が犠牲になってここは俺が食い止めるから、

お前らは行けみたいなやつ。

感染してない人たちの中に

自分だけ助かろうとする悪いやつがいるっていうのも

定番ではずしてないっすね。

悪いおっさんがいるんだ。

それとか、生き残り組でも助け合うんじゃなくて

仲間割れみたいになるのとかもあって、

ゾンビスリラーものであってほしいドラマが

ほとんどあったんじゃないすかね。

こういうゾンビ感染ものでだれが生き残るのかっていうのも、

だいたい決まってて、

未来への希望の存在がだいたい生き残ることになる。

そこも外してなかったなあ。

ゾンビものといえば、もうやりつくされて

恋愛ものとかコメディとか

変則ゾンビものが多くなってきてる中で、

ここまでちゃんと古風なゾンビものを

やれるんだと感心してしまった。

最後もほろっと涙でしめてくれる。

いやー、おもしろかった。

最後まで緊張感が途切れなかったですねえ。

まあ、臨場感あるエンタメって感じなので、

見終わってからどうこうあれこれ深読みしたり、

とくにこれといって裏の意味とか考えたりはしないし、

内容もすぐ忘れちゃうと思うんだけど、

やっぱそういう映画がいい映画なんじゃないのかな。

見てるときは何も考えず夢中で、

見終わったらきれいさっぱり忘れてるみたいな。

そういう映画って意外と少ないので、見れてよかったっすね。

予告編
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。


新感染 ファイナル・エクスプレス ブルーレイ・プレミアム・エディション(2枚組)【3000セット限定生産】【Blu-ray】 [ コン・ユ ]

関連する商品

この記事へのコメント