『オリエント急行殺人事件』を見たんだ【映画】ケネス・ブラナー監督によるアガサ・クリスティー名作ミステリー



綿密に計画された完全犯罪。

たった一つの誤算はそこに世界一の探偵が居合わせたことだった!

名探偵は事件に遭遇しすぎる問題。

マッチポンプで名探偵が事件を起こしてるんじゃないかと

思ってしまうぐらいの異常な事件遭遇率。

アガサ・クリスティーの生んだ名探偵エルキュール・ポアロも

かなりの事件遭遇率ですね。

あんな偶然あるんだろうか。

積年の恨みをはらすために計算しつくした犯行計画が

実行にうつされるっていうタイミングでオリエント急行に

名探偵が偶然乗ることになるとか。

計画犯罪の現場に名探偵が居合わせる確率ってどんぐらいなんすかねえ。

計画犯罪自体が珍しいのにさらに名探偵がそこにって、

どうなんだろみたいな。

まあ、オリエント急行殺人事件は小説も読んだことあるし、

昔の映画も見たことあるので、

犯人がだれかっていうのを知ってるので

とくに新鮮味もなく、次の展開にハラハラすることもなく、

ミステリーにドキドキすることもなくって感じで

ずっと映画とは関係のないどうでもいいことを頭の中で考えていた。

あと興味は犯人を変えるのかどうかっていうポイントだけだったんすけど、

変えてなかったっすね。

まあ、犯人を変えてしまったらオリエント急行殺人じゃなくなるので

変えられないと思うんだけど、

ここは思い切ってなんか変えてもよかったんじゃないかなあ。

まあ、無理かあ。

無理だな。

もし変えてたらこんなのオリエント急行殺人じゃないって

袋叩きにあうだろし。

まあ、そんな感じでとくに見なくてもよかった感じですかね。

映像はけっこうきれいでした。

CGだろうけど。

あと出演者は豪華なんすけど、数が多いので時間の関係で、

見せ場をみんなにつくるっていうわけにはいかないからか

みんな印象が薄くて有名な人がでてるだけっていう感じでした。

でも見た目はいいですね。

衣装もいいし、ムードあるし、でもドラマはないみたいな。

うーん、あとポアロの最後の決断のところもなんかどうなんかなあと。

ポアロがバランスにこだわる人っていう描写が冒頭から続いてあって、

犯罪が起きたら犯人を見つけることで

善悪のバランスをとる人だから名探偵なのだっていう描写があって

この事件でもそこはゆずれないって感じで大見得をきるのだが

結末はそのポリシーを覆すもので

今回だけはアンバランスを受け入れるっていうことなんすけど

どうなんすかねえ。

なぜそうしたのかよくわからなかったけど。

原作ではどうなってたかなあ、忘れて思い出せないなあ。

同情したんでしたっけ?

ミシェル・ファイファーの行動にほだされてっていうことなんかな。

だったら過去の怨恨がもとになってる事件の

犯人全員を見逃せよって感じなんすけど。

名探偵なんて名乗んじゃねえ、ヘンテコ髭オヤジ!って感じなんすけど。

ポアロが寝るときに髭の形が崩れないように

髭当てをはめてたのが、

なんかおかしくて面白かったですね。

予告編
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。


オリエント急行殺人事件(ブルーレイ&DVD/2枚組)【Blu-ray】 [ ケネス・ブラナー ]

関連する商品

この記事へのコメント