『つるりと滑らかなのどごし そうめん』をイオンで買って食べたんだ【トップバリュ】600g(100g×6束)199円(税込)

topvalu_soumen001.JPG

夏はそうめん。

やっぱ夏ですね、素麺は。

冬は寒くてゆでるお湯を沸かすのが時間かかるし、

水洗いするのも水が冷たくてやだし、

食べる気にならない。

topvalu_soumen003.JPG

夏はお湯もすぐ沸くし、

ゆであがった麺を水洗いするのも気持ちいい。

自然とそうめんを食べる機会が増えますね。

トップバリュ「つるりと滑らかなのどごし そうめん」600g(100g×6束)199円(税込)

topvalu_soumen004.JPG

ツルシコ。

つるつるシコシコ。

そうめんで大事なのは細さと弾力。

これはなかなかいいそうめんでした。

まあ、そうめんなんてどれも一緒だろって感じなんすけどね。

麺は細くて、ゆであがりはきれいに白い。

ほどよい弾力。

つるつるっと軽く吸い込んで、しこしこっと麺の弾力を楽しむ。

そうめんはこの麺の弾力がおいしさのバロメーターですね。

topvalu_soumen002.JPG

まあ、素麺は安くても高くても、

ゆで方が一番大事かもですねえ。

とにかく大量の水でゆでること。

これにつきますね。

小さい鍋で少ない水でたくさんのそうめんを

ついつい面倒なのでやっちゃうんだけど、

少ない水だとほんとまずくなってしまうので

とにかく大量の水でゆでるにこしたことない。

目安はお箸でかきまぜなくても

麺が1本ずつばらけて激しく踊るのが見えるぐらいの量ですね。

水が少ないとゆであがりの色も悪いし、

麺に弾力がなくてぶちぶち切れたり、

べちゃべちゃしてめちゃまずーです。

のど越しがつるっといかなくていまいち美味しくないんすよ。

そうめんって味じゃなくて食感の食べ物だから、

そこがダメだったらどうしようもないわけで。

できるだけ大きな鍋でたくさんの水でゆでさえすれば

安いそうめんでもおいしく食べられるもんです。

夏はそうめんですねえ。

どんどん食べよう。

広告

関連する商品

この記事へのコメント