『パトリオット・デイ』を見たんだ【映画】



ボストンマラソン爆弾テロの映画。

当日の朝から始まって

時間経過そのままに描いていく形式です。

なのでリアルに作られた再現VTRを

見てるような感じがしました。

2013年に起きた事件がもう映画になってるって

すごい早いっすね。

これはどの程度事実に基づいてて、

どの程度脚色してるのかな。

主役はマーク・ウォールバーグだけど、

主役っていう感じはしなかったです。

あくまでも事件にかかわった一人の人間って感じで

ずっと彼の視点ではないです。

爆破テロの犯人、犠牲者、捜査官など、

事件に濃くかかわった人物の行動を

描写していく感じ。

見ていくうちにだんだんと臨場感がわいてきます。

爆発の映像がすごいですね。

うわーって怖くなる。

映画の中の爆破とか銃撃とかって

映画っぽい絵で作られるから

あまり怖くは見えないんだけど、

こういうドキュメンタリー風の描き方で

爆破とか起こるとものすごい怖い感じがするね。

映像は実際の監視カメラ映像とかも使ってるんすかね。

臨場感あったなあ。

犯人と銃撃戦とかにもなるんだけど、

犯人が爆弾を投げてくるのがものすごく怖い。

犯人があと何発爆弾を持ってるのか、

どこかに仕掛けたのか、

それがわからない恐怖感。

実際、そうですよねえ。

どれぐらい武装してるかわからない犯人と

対峙しなきゃいけない警官って相当ストレスだろうなあ。

ボートに隠れてる犯人を捕まえるのも

あれだけの大掛かりになるのもわかります。

刑事映画だったらマーク・ウォールバーグが

メル・ギブソンばりの活躍を見せて

とっとと犯人を撃ち殺して終わりだけど、

爆弾持ってるかもしれないやつを

実際捕まえようと思ったら映画のようにはいかないですね。

映像はリアルで緊張感があってよかったし、

最後は実際に事件にかかわった人々が登場して

テロには屈しないという前向きなメッセージを出してて

悲惨な出来事だけど

希望は失ってない感じでよかったしで

見応えありましたね。

テロリスト側の思想やテロに及ぶ理由みたいなものは

詳しくは描かれてないんすけど、

それは理解しようとしても

わからないことかもしれないですね。

無差別に人を傷つける行為に正当な理由や

納得できる理論があるのかどうか。

テロリストも普通の日常生活をおくる人間である

ということしかわからない。

そうだよなあ。

テロをなくすとか、

テロを未然に防ぐのは無理かもしれないけど、

テロが起きたあと、

テロの恐怖に支配されたままの生活をおくるのか、

それとも、それまでの日常をとりもどして

自分の人生を生きるのかは選べる。

後者を選ぶことがテロに抵抗する唯一の方法なのかも。


パトリオット・デイ

予告

関連する商品

この記事へのコメント