『蠅の王』を見たんだ【映画】





あれ?なんだか見たことあるぞと

思ったら、カラーの1990年版を

前に見たことがあったんだ。

1963年版はモノクロで

1990年版はカラー。

違いはそのぐらいでほとんど同じだったような。

あと邦題のハエの漢字が違うんだね。

蠅と蝿。

まああんまり違いがないので、

どっちか1本みれば十分かな。

モノクロ版のほうが

紙芝居感が強くて

寓話っぽいムードがあるので

1963年のほうがおすすめかなあ。

1990年のほうはカラーで普通に見れるので

こっちもいいけどね。

飛行機が墜落して

孤島に漂着した少年たち。

食べ物と水には困らないし

脅威となるような猛獣もいない島。

秩序をもってサバイバルして

助けを待つことにするが、

すぐに仲違いが始まって

もめだすっていうやつです。

集団が秩序を保ち平和に暮らすことの難しさ。

人間の攻撃的な本性の怖さ。

未知の存在にたいする恐怖

恐怖に侵された人間の狂乱。

なんかいろいろ考えちゃいますね。


予告

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック