『交渉人 真下正義』を観た【映画】ユースケ・サンタマリア主演、「踊る捜査線」からのスピンオフムービー



交渉人 真下正義


踊る大捜査線」の中の脇役、真下正義が主役の映画。

スピンオフってやつですか。

交渉人という題名だけど、

交渉のハラハラとか攻防とかはあまりなかったと思う。

それがまあ、不満ではあるのだけど、

こんなもんかなあと一応楽しめたかなあ。

あまり期待もしてなかったということもあるけどね。

試作中の最新地下鉄が乗っ取られて、

暴走、地下鉄パニック。

それと平行して、爆弾が

どっかに仕掛けられているという爆弾パニック。

パニックの2段重ね攻撃なわけなんすけど、スリルがあまりない。

なんでなのかはよくわからない。

ユースケ・サンタマリアは、地下のコントロールセンターで犯人と交渉。

交渉で、なんとか犯人に近づくヒントを引き出そうとする。

その情報を元に、地上では、ヤクザみたいな寺島進刑事らやSATやら爆発物処理班やらが動き回る。

動きのない場面と動きのある場面が

リズムよく展開されて飽きなかった。

まあ、でも交渉して

ヒントを引き出したという感じでもないんだよなあ。

犯人が自分からヒントを進んでだしてたように見えたけど。

交渉人とかいっても、単に電話を受けてるだけみたいな。

そこんとこ、もうちょっと心理的な駆け引き、

心理的なゲームっていう感じがあったらなあと。

あとキャラクターなあ。

線引き屋のおっさんとか、

なにやってんのかさっぱりわかんないもんなあ。

ちゃんと非常時のダイヤを超人技で

組み上げていくところを映して欲しいね。

あれじゃあ、ただの頑固親父が

プラプラやってきただけに見えて盛り上がんない。

あと國村隼のセンター長ですか。

あのキャラは最後まで真下と

対立するキャラでいってほしかったなあ。

途中からいい人みたいになっちゃってさ。

なんか場の雰囲気がしまらなくなってきたもんなあ。

なんかほんわかしちゃってさ。

いい人になるのが早すぎ。

まあ、いいっか。

話についても細かいことを考え出すと、

なんかおかしいなという部分がいっぱいでてきそう。

犯人はいったい何者やの?っていうのが

一番の疑問だけどね。

あんな最新鋭の試作機に誰にも気づかれずに細工しまくれて、

警察の検問も簡単にすり抜ける。

ほんとに幽霊みたいな奴ですなあ。

単独犯らしいけど、すごすぎじゃないすか。

もしかして続編あるのかな?

すっきりしない終わり方だもんなあ。

劇中、ヒントとして映画の題名がいっぱいでてきたね。

ジャガーノート」に「オデッサ・ファイル」に「愛と哀しみのボレロ」。

あと小説の題名で「深夜プラス1」もでてきた。

映画のほうは、どれも見たことがないものだったので、

今度、見てみようかなあとか思ったね。

深夜プラス1」は傑作らしいけど、

確かものすごく昔に1回読んだ記憶があるのだが、

合わなかったみたいで、

おもしろくなかったっていう記憶が。

また読み返してみようかな。

交渉人 真下正義プレビュー
DMMでレンタルする
交渉人真下正義 オリジナルサウンドトラック (通常盤)
「交渉人 真下正義」 クモ E4-600
「交渉人 真下正義」シナリオガイドブック

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック