クリムゾン・キングの宮殿/キング・クリムゾン

クリムゾン・キングの宮殿



クリムゾン・キングの宮殿 / キング・クリムゾン

鼻がむずむずするから、適当に鼻毛をつかんで、フンッと引っこ抜いたら、

黒々とした極太20ミリオーバーの鼻毛が抜けてびっくりした今日このごろです。

鼻の穴の粘膜も一緒に引っこ抜いてしまったらしく、

血が出て、しばらく止まらないときて二度びっくりです。

ブルーな気持ちになったわけですが、その時こんな顔してたと思います。

インパクトのあるジャケット絵ですなあ。

キング・クリムゾンという名前と、このジャケットは知ってた。

このジャケットってかなり有名っすよね。

知ってたけど、実際には聴いたことはなかったわけで。

知ってるけど聴いてないってのが、けっこう多いんすよねえ。

いまさらながら聴いてみたんすけど、

これがけっこういい。

やっぱ1曲目の「21世紀のキチガイ野郎」がインパクト強い。

それと音の配置が絶妙。

温かみのある音で、それぞれの楽器が主張しながらも、アンサンブルとしてまとまりがあるっていう、

聴いていて気持ちのいい音です。

まあ、聴く前はもっと難しいのかと思ってたんすけど、

意外と普通に聴けるアルバムじゃないすか。

ロックもあり、叙情的なバラードもありで、

最後は神々しい曲でしめくくられてて、

アルバムだけど、全曲を通しで聴くのがベストな聴き方かもね。

ピンク・フロイドの「狂気」よりかは、親しみやすかったかな。

まあ、でもこれが当時、チャート1位とかとってたっていうのが、なんとも不思議。

DMMでレンタルする

濃縮キング・クリムゾン 普及版

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック