『明智小五郎 対 怪人二十面相』を見た【TVドラマ】





俺の戦争はまだ終わっちゃいない!

いやー、難しいっすね。

江戸川乱歩の実写映像化って難しいなあと

改めて思う。

江戸川乱歩の小説の最大の魅力は

正体不明、得体のしれなさだと思うんすよ。

底知れない不気味さが

怪人二十面相にしろ、明智小五郎にしろ

小林少年にしろ

登場人物たちにある。

そこが魅力なんすよねえ。

文章だから成立してる部分が大きい。

実写化すると名のあるタレントや俳優が演技するわけで、

正体不明な雰囲気が一切なくなるのです。

ハッハッハッハッ、怪人二十面相だといったところで

ビートたけしでしょ、コマネチのってなるし、

名探偵明智小五郎と言われても

古畑任三郎じゃないかってなるんすよねえ。

得体が知れすぎで

正体不明という最大の魅力が消されてしまう。

なのでなんか残念な雰囲気になっちゃうんすよねえ。

それにふたりとも年取り過ぎ。

江戸川乱歩実写化作品に傑作なしという感じですかねえ。

いや、美輪明宏主演の「黒蜥蜴」は善戦してたかな。

美輪様の正体不明なオーラが乱歩ワールドに合致してたっけ。

あれくらい演者にこの世の者とは思えない得体のしれなさが

ないと難しいってことっすね。

田村正和の明智小五郎もなかなかよかったけど、

やっぱりもう20年ぐらい若いときにやってほしかったような。

怪人二十面相をやった北野武は

事故る前のビートたけしだったらなあと思わずにはいられない。

二人とも歳をとり過ぎで

颯爽とした身のこなしじゃないんすよねえ。

ヨボヨボに近いなあみたいな。

田村正和が子供たちと空中ブランコとか

なんか笑っちゃったもんなあ。

こういうところも、難しいんだなあ。

明智小五郎や怪人二十面相は年齢不詳のイメージがあるのに

年齢を感じる役者がやってるからいまいちに見えちゃう。

田村正和とビートたけしというキャストでやるのなら

北野武を明智小五郎役にして

田村正和を怪人二十面相にという手もあったんじゃないかなあ。

トリッキーすぎますかね。

いやあ、ありじゃないかなあ。

いっそのこと田村正和が一人二役で両方やるとか、

ビートたけしが両方やるとかはどうだろか。

それなら得体の知れない変な感じにはなるから

江戸川乱歩ワールドっぽくなりそうだけど。

実際、田村正和が二役やってる対決シーンは

変な面白みがあったし。

このスペシャルテレビドラマは2002年の作品かあ。

小林少年役が仲里依紗の夫、中尾明慶がやっててかなり時代を感じたなあ。

ヒロインの宮沢りえは若くもなく、

おばちゃんでもなくの中途半端な感じがしたなあ。

若いときの華はなく、

歳を重ねてからの味もない時代というかなんというか。

それとなぜか叶姉妹の妹さんがチョイ役ででてました。

叶美香さんですか。

謎の女役でかなり謎な感じがして意外にもよかったみたいな。

乱歩はけっこう好きな作家で

子供の頃からはまって少年探偵団シリーズとか

ポプラ社のやつをよく読んでたもんです。

そんな乱歩が著作権切れになって

青空文庫で読めちゃう時代がくるなんてなあ。

今「怪人二十面相」を読んでる途中なんすけど、

おもしろいっすね、意外にも。

子供のときはおもしろくても

大人になってから見返すと

全然ということもあるけど、

なかなかどうしておもしろい。

小林少年が仏像に化けて

二十面相のアジトに入り込むとかおもしろいんだなあ。

お次は「少年探偵団」を読もう。

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック