『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』を見た【映画】シルヴェスター・スタローン脚本・原案・主演によるオールスターアクションシリーズ第3弾



エクスペンダブルズ3 ワールドミッション

魁!!クロマティ高校か?

なんかもうすごいんだ、これが。

大掛かりなコント。

しわくちゃの爺たちが集まっての壮大なコメディショー。

なんか笑ったのが

メンバーの一人が死にかけで

病院のベッドに寝てるのを見て

泣きそうになるのを上を向いてこらえるメンバーたちの演技。

クロ高かよ。

シルヴェスター・スタローンがジャ~ンプで

ヘリコプターに間に合わなかった~のかと

不安そうな顔をするメンバーたちの演技。

クロ高か。

なんかアクション映画っていったら

徹底的にリアル指向で肉体を駆使してる感を出すものが

今のはやりというか主流なのに、

エクスペンダブルズはリアリティのかけらもない、

昔ながらの派手さ重視のアクションなんすよ。

敵の弾はスライたちにはまったく当たらない。

ジェイソン・ステイサムたちの銃撃はピンポイントで

近くだろうと遠くだろうと百発百中。

笑えてくるというか、

ここまでオールドスタイルに徹すると

清々しいですね。

いやー、メル・ギブソンは相変わらず目つきが危ない。

逝っちゃってる目つき。

目力がすごいっていうか目力のみっていうか。

リーサルウェポンやマッドマックスのときから

全然衰えないキチキチな目力。

よかったっすね、ほんとに悪そうな悪役で。

悪いだけじゃなくて狂気も感じさせて

いい悪役だったなあ。

あと、ハリソン・フォードも出演してるんすけど、

お偉いさん役なのでしゃべるだけかあなんて思ってたら、

ヘリコプターに乗り込んで、

ヒャッハーってハリソン君も戦いに参加してきたので

嬉しい驚きでした。

ジジイ元気だなあみたいな。

まあ、それでお話もなかなかよかったんじゃないかなあ。

メル・ギブソンを捉えるためには

年寄りじゃ無理という判断で

年寄りメンバーはお払い箱で

若い新メンバーで乗り込むんだけど、

失敗して若いやつらが人質になっちゃう。

孤立無援、救援なしのひとりぼっちのスタローン。

玉砕覚悟で一人で行くぜというときに、

年寄りメンバーたちがフル装備で集結。

いやー、腐れ縁というのも時にはいいものですねえ。

それで最終決戦は新旧、老若が協力して

お互いのいいとこを存分に発揮して

数的圧倒的不利をひっくり返して勝利する。

ジジイたちもまだまだやれるぜ、

若いやつらもなかなかやるぜってことで

うまくまとまってる。

エクスペンダブルズ3 ワールドミッション予告編

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック