『スピード・レーサー』を見た【映画】ウォシャウスキー兄弟が吉田竜夫原作のアニメ「マッハGoGoGo」を実写化



スピード・レーサー

土屋アンナがけっこういい役で

出演してるなあと思ったら

クリスティーナ・リッチだった。

マッハGoGoGoの実写化らしい。

アニメのマッハ・ゴー・ゴー・ゴーには

特に思い入れもないし、

見たこともないので

実写になったとなっても

そこに感想はない。

マッハが懐かしいと思う世代って

何年生まれぐらいの人ですかねえ。

日本人だったらけっこう年寄りじゃないと

ピンと来ないのかなあ。

まあ、アメリカでもスピード・レーサーとして

放送されて人気あったらしいので

ウォシャウスキー監督はスピードレーサー世代だったのだろうか。

ウォシャウスキー姉弟が監督ということで

なんか期待するような

期待できないような感じですけど、

映像の質感としては

ティム・バートンの映画みたいだったなあ。

カラフルポップでお菓子の国みたいな世界。

人間だけが生身で

後は全部CGみたいな。

それもCGっぽさ、作り物ぽさを

強調した映像でリアルさはまるでないというね。

そういう作り物っぽさで

アニメっぽさを出す方向。

レース映像は迫力あったけど、

なんかゲーム画面みたいでした。

ワイプアウトとかFゼロとか

あのあたりのレトロなカーレースゲームを

見ているかのよう。

スピード感はあることはあるのだが

車が走っているという感じはあまりしない。

人間が運転して

車を操ってる感があんまりないので

主人公の腕の良さとかあんまり伝わってこないんすよ。

まあ、なんかよくわからんけども

すごいんだろねみたいな。

それと物語がなあ。

いまいちなんだよね。

主人公が走ることと

何か物語で問題を解決したり

成長があったりっていうことが

いまいちリンクしてないというかなんというか。

レースを株価操作の手段としてしか考えてない

大企業の社長をギャフンと言わせる。

それだとなんかなあ。

まあ、過去に同じ道を辿って

レース中に死んだ兄の敵を取る的な

こともあるんすかねえ。

まあ、こういう実写映画で残念なのは

主要なキャストに日本人キャストがいないことっすね。

ピがやった役は日本人の俳優がやってもいい役じゃないすか。

なんか真田広之がいつもながらに

脇役でちょろっと出てくるけども

メインどころには日本人の役者は使われない。

ハリウッドでの日本人役者の層の薄さっていうか、

ねじ込めないパワーのなさっていうか。

そういうの思っちゃいますね。

だって忍者とか出てくるんだぜ。

それに江戸川乱歩の屋根裏の散歩者みたいなシーンもある。

原作は日本のアニメ。

だったら日本の役者がメインの一人を

演じてもよさそうなもんだけどなあ。


スピード・レーサー MACH5 プレミアムBOX(初回生産限定) [ エミール・ハーシュ ]


感想(5件)


関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック