『1万円起業――片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法/クリス・ギレボー』を読んだ【読書】



1万円起業――片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法クリス・ギレボー

起業っていうから

なんか難しく感じちゃうんだなあ。

商い。

売るものやサービスを作って

それを買う人がいて

その代金を受取る方法がある。

それで生活できるだけ稼げたら

ハッピーだねという話かな。

どうも起業とか仕事とかいうと

先に会社を作らなきゃとか

人を雇ってとか

場所借りてとか

そういう体裁のことばかり考えてしまうけど

そうじゃないってことっすねえ。

何かを提供して

それを買ってもらう。

シンプルに考えようってことっすねえ。

まあ、仕事ってもともとそういうものかも。

働くとか仕事とかを考えると

どうしても会社に入って

どうのこうのという意識になっちゃうけども

本来、仕事は稼げたらいいわけで、

会社に入ったり、

自分で会社を作ったりは後のことで

まず考えなければならないことじゃないのだが

そっちに意識が向いてしまう。

一昔の起業ブームのときは

何をするかは決めてないけど

とりあえず会社作って

なんか始めればいいみたいな起業が

流行ってたけど、

それはなんか違うと。

まずは売るものがあって

それを買ってくれる人がいる。

そこから始まる起業。

時代は変わった。

買い手を探すのも

昔に比べれば簡単だし

代金の受け取りも

個人で決済できるシステムがある。

買ってもらえるものやサービスを

考えることに集中することが可能な世界になってる。

やりたいことがある人は

やれる状況なんだよなあ。

たいして初期費用もかからないので

お金があったらできるのに

という定番の言い訳は使えない。

むしろ、安く始められなければ

あとあとうまくいく見込みは薄いってことかもなあ。


1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法 / 原タイトル:THE $100 STARTUP[本/雑誌] / クリス・ギレボー/著 本田直之/監訳



マンガでわかる1万円起業 [ クリス・ギレボー ]


感想(1件)


関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック