『ルパン三世』を見た【映画】モンキー・パンチ原作の人気コミックを北村龍平監督、小栗旬らで実写化



【Amazon.co.jp限定】ルパン三世 DVDコレクターズ・エディション(オリジナル2L型ブロマイド付)

こいつぁ~俺がいただくぜぇ~。

ふーじこちゃ~ん。

ってことでルパン三世の実写映画。

悪くなかったですね。

アニメの2時間もののルパン三世のテイストを

実写でやるとこういう感じになるんじゃないか。

もともと2時間もののルパン三世は

そんなにおもしろいもんでもないしなあ。

ルパン三世「ルパンVS複製人間」」ぐらいかなあ、好きなのは。

小栗旬のルパン演技はなかなかのバランス。

いやー、難しかったんじゃないすかね。

どういう加減で演技したらいいのかっていうのがね。

思いっきりマンガっぽくやるのか。

それともアニメとは全く別のルパン像を作るのか。

まあでも衣装はアニメのまんまなので

演技が普通の泥棒ものみたいだったら

完全におかしいわけで。

やりすぎない感じで

ルパン三世っぽさをだすみたいな

いい感じのバランスで小栗旬は演技してたなあ。

小栗旬以外のキャストが

ちょっとそのへんのさじ加減がうまくなくて

普通すぎる感じの演技をしてて

おもしろみがなかったぐらいです。

銭形警部の浅野忠信は、騒いでたけど

あれはどうなんだろなあ。

浅野忠信は若い時の「[Focus]」とか

すごい演技うまいなあと

思ったんすけど、年取ってからの

浅野忠信はズコーッな演技ばっか。

まあでも主要キャストについては

悪くなかったんじゃないすかね。

ルパン、次元、五右衛門、不二子、銭形に

敵役だけでいいと思うのだが、

ルパンチームになんか余計なキャラがいろいろと

参加しててあれはまったくいらないキャラたち

だと思ったのだが

あれは資本関係で

ねじこまなきゃいけなかったんすかね。

余計なものが混じってるから

ルパン三世の世界に統一感っていうか

ルパン感っていうのがなくなってた。

いつものルパンチームだけのほうが

すっきりしてよかったと思うんすけど。

あとはなんだろなあ、

映像的にはもうちょっと頑張ってほしかったかなあ。

特に五右衛門。

あの車を斬るシーンは

てっきり車が真っ二つになると思ったのだが

斬れてないのでがっくしきた。

だいぶ前に「マトリックス・リローデッド」で

モーフィアスが日本刀で

車を真っ二つにしてたようなシーンがあったと思うけど

あれより迫力ない映像を今作ってどうすんだと。

なんか惜しい!って感じっすかねえ。


【送料無料】ルパン三世 DVDスタンダード・エディション/小栗旬[DVD]【返品種別A】


関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック