『男はつらいよ 拝啓車寅次郎様』を観ました【映画】マドンナ役にかたせ梨乃、牧瀬里穂、小林幸子の3人を迎えた男はつらいよシリーズ第47弾



松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様

年末年始は男はつらいよ。

いよいよ男はつらいよシリーズも終わりに近いと予感させる47作目。

なんかこう、元気がないんだよなあ、全体的に。

たそがれちゃってる。

晩年の雰囲気が全体に色濃く漂ってる。

寅さんは、なんか幽霊みたいだし。

覇気がないというかなあ。

見てて危なかっしいというかなあ。

大丈夫かな、途中で声がでなくなるんじゃないか、

倒れちゃうんじゃないかという危なっかしさがある。

タコ社長も年取ったなあ。

威勢がよくて暴れん坊で

どうしようもない奴だけど

情に厚いいいとこある奴って感じだった寅さんも

47作目までくると

人生の終わりが近いことを悟って

静かにその時を待つ人のような雰囲気を醸し出す。

渥美清の演技が枯れてる上に

ストーリーも旅と出会いと別れを扱ってるだけで

がっつりとした恋もドラマも描かれない。

吉岡秀隆と牧瀬里穂の恋話も

まだ始まってもいない状態で映画は終わってしまう。

渥美清とかたせ梨乃の話は

恋物語にはならないにせよ

何かもっとあってもいいような感じなんすよ。

旅先での他生の縁っていう小エピソードでしかない。

小林幸子の話もそうだしなあ。

小エピソードが3つあってなんとか

映画としての体裁を整えたって感じで

本エピソードがないんだよなあって感じっすかね。

牧瀬里穂の勝ち気な娘役はなかなかよかったし、

吉岡秀隆の毛量は相変わらずすごいし、

やっぱり若さの力強さはすごいもんだなと思ったな。

吉岡秀隆を主役にすると

寅さんをどうストーリーにからめるのかっていうのが

難しいんだろね。

まあ、吉岡秀隆の若さあふれる躍動感と

老いた寅さんの悟りの境地感の落差がものすごくて

けっこう楽しめることは楽しめましたねえ。

セールスとは物語を売ることだと

鉛筆を売る実演をしてみせるシーンは

さすがの寅さんって感じだったなあ。

Amazonインスタント・ビデオで動画「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 HDリマスター版(第47作)」をストリーミングおよびダウンロード

DMM.comでオンラインDVDレンタルする

男はつらいよ 拝啓車寅次郎様 [ 渥美清 ]


感想(1件)


関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック