夏の腕時計はダイバーズで決まり『セイコーキネティックSKA427P1』【時計】

セイコーキネティックダイバーズSKA427P1


「セイコーキネティックダイバーズウォッチ『SKA427P1 』」

夏だ!海だ!ダイバーズだ!ってことで

サマーシーズンは腕時計はダイバーズにしてます。

こちらはセイコーの海外モデルのキネティックダイバーズ「SKA427P1」。

キネティックというのは、オートクオーツっていうやつです。

機械式のようにローターを回転させて

そのエネルギーを電池に送って

その電力でクオーツを作動させるという仕組みのものだそうです。

クオーツの精度でありながら

電池交換不要というすぐれもの。

腕につけていれば、

ローターが動いて充電されるし、

満充電で数ヶ月は動くのでずぼらな人にはぴったりだなあ。

機械式はほっといたら数日で止まっちゃいますからねえ。

セイコーやシチズンのソーラーとかキネティックとかは

ほっといてメンテナンスしなくてもすぐ使えるというのが

なんとも嬉しい。

まあ、年数が経つと充電池がヘタってきて

結局、電池交換しないとだめみたいっすけど、

普通のクオーツみたいに数年で交換ということはないようです。

腕を振るとローターが動くけっこう大きな音がします。

クオーツなのにローターの音がするって

なんか不思議で、

自動巻き式の機械式時計かと思っちゃうんすけど

ほっといても動いてるから

これがキネティックっていうやつかみたいな。

古い技術と新しい技術のいいとこ取りな感じがおもしろい。

夏は革ベルトはさすがにきついし、

NATOストラップか、

メタルバンドのダイバーズウォッチなら

水で汗をばしゃばしゃ洗い流せるので楽なもんです。

夏はダイバーズが1本あるといいかも。

まあ、時計本体も重いし、

しっかりメタルバンドなので重量はそれなりにあります。

腕にずっしりくる感じですけど、

ダイバーズウォッチは重いほうがダイバーズっぽくて好きですね。

なんか重いと

丈夫で防水もしっかりしてそうな気がするから不思議っすね。

ウレタンバンドに交換したら多少軽くなるかなあ。

ずっしり重いんだけど、

見た目はシンプルで

ブラックのボディカラーが上品で、

文字盤のサイズは意外と小さめなのでそれほど大きくは見えない。

いかにもデカ時計をしている風には見えないサイズ感も

控えめでいいとこかな。

視認性もよくて時間を読みやすい。

ただ日付表示が小さいので見難いのが難点かなあ。

200m防水、蓄光(針、インデックス)、逆回転防止ベゼル、ねじ込み式リューズと

ダイバーズの基本性能は満たしてるし、

夏はこれできまり。

・キネティック説明書:http://www.seiko-watch.co.jp/resource/pdf/manual/5M62-63.PDF

・ウレタンバンド仕様:SEIKO SKA427P2



広告

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック