『SHAME-シェイム-』を観た【映画】マイケル・ファスベンダーがセックス依存症を演じた




SHAME -シェイム-

は、恥ずかしながら、ボ、勃起が止まりませんっ!映画。

シェイムってそういう意味なのかみたいな。

セックス依存症の兄と、

自称歌手の最低妹のなにがなんだかのドラマ。

結局、何の話なんだという感触。

セックス依存の描写がほとんどといっていい感じで、

最後は自殺未遂に終わった妹、

助かってよかったーと兄。

なんだかよくわからない。

兄と妹のドラマというには、

よくわからないことが多すぎじゃないすかね。

まあ、でもわかるけどなあ。

妹のクズっぷりとかなあ。

不幸で相手に影響力を持とうとする最低の厄介なやつなんすよ。

兄貴はうんざりしてて、

どっかふらふらしては

最終的に自分のところに転がり込んでくる

無責任極まりない妹。

無責任なのに、兄妹だから助け合うのが当然とか、

うだうだ言うんだよ、肉団子みたいな顔して。

挙句が自殺未遂で相手を縛るんすよ。

リストカッターで何度もそういうことしてんの。

それでなんすかねえ、兄貴のセックス依存症っていうのは。

そういう家族関係から逃れたいがために、

なにか没頭できることに夢中になっておきたいってことで、

セックスまみれになってるのか、

ただの性欲のバケモノなのか。

なんかよくわかりませんけど、

とにかくやりまくってました。

スタンド使い同士はひかれあうじゃないすけど、

Hしたい男と女はひかれあうってかんじで、

アイコンタクトでバーの女や職場の女とはめていく。

もちろんプロの娼婦ともはめまくる。

男にフェラもされる。

アダルトチャットでオナニーもする。

想像でオナニーもする。

ドラッグ中毒者が麻薬を求めるように、

夜の町をセックスを求めてさまよい歩く。

貪欲だなあ。

でもどれも気持ちよさそうではないのです。

やる気はないのにやってしまう。

むしろ辞めたいとすら思っているけども、

止められないのが中毒なんすねえ。

依存症の苦しさっていうかね。

そういうのはよくわかりましたので、

セックス依存症映画としては出来が良かったっすね。

DMM.comでオンラインDVDレンタルする

SHAME -シェイムー スペシャル・エディション [ マイケル・ファスベンダー ]


感想(1件)



予告編
【初回31日間無料/dTV】月額500円(税抜)で映画・ドラマ・アニメ・音楽ライブなど12万作品が見放題!

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック