超能力は愛だ!元祖X-MEN『エスパイ』を観た【映画】





エスパイ


藤岡弘の髪型の謎。

あれはどういう生え方をしているのかよくわからないなあ。

ロン毛なのだが、ヘルメット的なかっちり感で微動だにしない。

あれが最大のミステリーだった。

内容は、今風に言えばあれですね、「X-MEN」だなあ。

超能力戦争。

超能力者は人間を超越した超人類だということで、

人間の争いごとを好む本能を満足させるために、

戦乱の世の中を作ろうと、

要人を暗殺してカオスを引き起こそうとする悪の超能力者、

若山富三郎を阻止するために、

超能力部隊エスパイの面々が対決するっていうやつです。

エスパイの部長は加山雄三。

部員は念動力を得意とする藤岡弘、予知や透視の由美かおる、

才能を買われてレーサーからリクルートされた新人の草刈正雄などなど。

エスパイというのは、エスパーとスパイの合成語かな?

しかし、この映画を見ると、エスパイとは、

Sパイ、すなわち、由美かおるのSUPERオッパイのことではないのかと思ってしまう。

いやー、由美かおるのおっぱいがすばらしい。

おっぱいがというよりも、セクシーダンスが素晴らしいといえる。

由美かおるが敵に捕らえられ

催淫剤を投与されて

黒人相手にエロダンスを披露するシーンがあるのです。

しかも、同僚で恋人でもある藤岡弘の見てる前でですよ。

藤岡弘は椅子にベルトで身動きできないように固定されて、

得意の念動力も電流で封じられてどうしようもない状況。

そんな状態で恋人のエロエロダンスを見せられるなんて、

ひどい拷問だぜ。

それが原因で、その後の二人の仲は微妙にぎくしゃくしちゃうし、

悪の親分、若山富三郎って悪いやつだなあって思っちゃいましたね。

若山富三郎はさすがの貫禄で、

椅子に座ってるだけなんすけどよかったっすねえ。

最後、あっさりとやられちゃうのが

肩透かしで、もうちょっとがんばってほしかったけどね。

由美かおるの素晴らしいおっぱい、

略してエスパイだけが観どころかと思いきや、

普通に楽しめたなあ。

これはこれでXメンシリーズの一本ですと言われたら

そうかってなかんじの超能力者の戦いという面白さはありました。

エスパイに加わったはいいけど、

実戦で敵を殺したことで、

おれは人殺しになってしまったと悩む草刈正雄がいたり、

強度の電気ショックをうけたために、

一時的に超能力を失った藤岡弘が、

マシンガンと格闘術で敵をなぎ倒しまくって、

あんた超能力を使ってたときより強いじゃないか状態だったり、

シェパード犬の活躍を見て、

超能力は愛だと悟ったり、

普通に楽しんで見れてしまったよ。

まあ、各能力者の能力があまり描き分けられてないので、

キャラに特徴があんまりないのがおしいんすけどね。

・原作:小松左京/エスパイ

映画チラシ 千代田劇場「エスパイ」

DMMでオンラインDVDレンタルする

エスパイ


感想(2件)


関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック