キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー【映画】を観ました

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

続編に乞うご期待!ってか。

シリーズ化する気まんまんですやん。

アメコミのヒーローもの。

けっこうよくできてました。

ガリガリで喘息もちでひょろひょろで

兵隊志願するけどもいつも身体検査で落とされる。

でも、国のために命も投げ出そうという愛国心は

誰よりも強く、だからといって、

好戦的な性格ではなく紳士。

そんな若者が軍の秘密実験の被験者となり、

薬の注入でスーパーな体を手に入れることになる。

そんな話です。

がりがりのもやしっ子だった主人公が、

ガチムチのマッチョマンに変身。

驚異的な身体能力を手に入れて活躍するみたいな。

でも、最初は実戦配備されないんすよ。

実験は成功したけど、

スパイによって博士は殺害されてしまった。

計画では何人もこの薬で強化して、

それで特別部隊を編成するはずだったのだが、

博士がいなくなって計画は頓挫。

スーパーソルジャーになったものの、

一人じゃねっていうことで、

広報にまわされる。

戦意高揚のためのキャラクター、

キャプテン・アメリカとなって宣伝活動を

こなすのだが、これっておれのやりたかったことなのかな

と悩んでいるところに、

旧友が敵の基地で捕虜になっているという情報が入ってくる。

親友を救うべく一人で敵基地に潜入。

コマーシャルなキャラクターだったキャプテン・アメリカが、

戦場で本当のキャプテン・アメリカとなるってなかんじの中盤までの展開。

ここらへんはおもしろかったですね。

気持ちだけは誰にも負けないのに、

その思いを形にすることが出来ないもどかしさ。

実験をのりこえて、

スーパーな体を手に入れても

ほんとうにやるべきことができていないというもどかしさ。

そのもどかしさがあっての、

後半の快進撃ですからねえ。

欲求不満のタメがあってからの、

爆発なので爽快感が相当にあります。

戦場での悲惨さとか血みどろさとか

そんなのよりも爽快感が勝ってますね。

主人公がね、けっこういい奴なんすねえ。

あんだけ見た目が変わって、

マッチョになったら

性格も変わって嫌な奴になりそうなものだけど、

性格は変わらず純朴で素朴な青年のままなのです。

博士が君はそのままでいてくれよといってたことを

守ってる。

女にもおくてのままだしなあ。

アクションも満載で、街中でのチェイスシーンとか

迫力ありますし、

盾を使ったアクションもいい感じだしって

かんじなんすけど、

ちょっと敵役がいまいちなんだよなあ。

オカルトパワーでヒトラーをこえて世界征服しようとする

ナチスの将校がラスボスなのだけど、

うーむ、ちょっと弱いですね。

顔真っ赤にする意味とかあったのかなかったのか。

キャプテン・アメリカにいいようにやられて、

最後もあんまり見せ場なしで終わった。

続編は当然やるんだろうなあ。

なんか次でも出てきそうだな。

映画 (Movie) / キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+DVDセット(2枚組) 〔BLU-RA

【ムービー・マスターピース】 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』 1/6スケールフィギュア キャプテン・アメリカ

マーヴルセレクト/キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(ムービー 2011)/キャプテン・アメリカ アクションフィギュア

・公式サイト:http://www.captain-america.jp/

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー【MARVELCorner】


感想(0件)


DMM.comでオンラインDVDレンタルする

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック