マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? / アフロダイテ・ジョーンズ【本】を読みました





マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? / アフロダイテ・ジョーンズ」



マイケル・ジャクソン裁判の法廷で起こった出来事を記録した本。

といっても劇的ななにか、

ドラマチックな出来事は一切記されていない。

どいうことかというと、

最初からこの裁判は裁判として

成り立たないような馬鹿げたものだったのだ、

ということなのです。

有罪濃厚だったのが、

なにかミラクルがあってひっくり返ったのでもなく、

大金で動く悪徳弁護士のスーパープレーで

無罪を買ったわけでもなく、

終わってみれば、

最初からどうやってこの裁判が成立したのか

よくわからないなあみたいなかんじなのです。

検察側はこれでよく有罪に出来ると

思ったもんだってなもんです。

検事の私怨もあったらしいっすけどねえ。

訴えた少年側の証言だけが

頼りみたいな検察側の主張。

その頼みの綱の少年側の証言が、

まったくいい加減で適当なもので、

これでは信じろといわれても

親しい人間でも無理だなといわざるを得ないような

お粗末なもので、

終わってみれば、

ただただばかばかしいというかなんというか。

裁判当時の報道は、

世紀のスーパースターもついに有罪で

監獄入りか?

マイケルは変人だからそれも納得だみたいな

有罪となる確率のほうが高いような

ムードを伝えていたように感じるのだが、

すべての罪状で無罪となった結果があるからなのか、

冷静に原告の証言、証人の証言、

検察の主張を見ていくと、

これで有罪には無理だなというものなのです。

まあ、スターは目立つ存在なので、

メディアは刺激があるものを報道したがるし、

茶の間で食事前の娯楽をTVでという

無責任な観客は本当かどうかよりも

派手なものを望むので

そういう報道の空気もわからんでもないが、

あまりにもお粗末な裁判内容だなあ。

まあ、確かにマイケル・ジャクソンという人物は

個性的であった。

本人はすごく素朴で地味な人だと思うんすけど、

ショービジネスでトップに立ち、

歌がうまいダンスがすごいだけでなく、

スーパースターという存在になろうとして、

そして現実にそういう存在になった人物。

プロとしてパフォーマンスに

完璧を求める厳しさはすごいんだけど、

私生活は脇が甘すぎるぜマイケル。

やっぱり幼少時代のトラウマというか

辛い思い出を一生引きずってたんじゃないすかね。

そんなかんじしますね。

24時間遊べるネバーランドなんていうものを作って、

子供と一緒に遊んだりはしゃいだり。

そういうのは、幼児性愛ではなくて、

子供と接することで、

自分の幼少時代を取り戻すみたいな面が

強かったんじゃないすかねえ。

子供のころに、父親と遊んだり

おもちゃを買ってもらったりという

体験ができなかったことが

相当強い体験として残ってたんすかねえ。

子供と一緒に過ごしたとしても、それは擬似的な体験で、

自分はもう大人で子供じゃないというのは

痛いほどわかっているんだけど、

そうせざるを得ない衝動があり、

夢から覚めない魔法の国、

マイケル・ジャクソン・ランドを実際に作ってしまうだけの

財力もありで。

なんか辛いっすね。

悲しい男です。

だまされやすいのも仕方なしかなあ。

自分で餌食になりにいってるようなものだもんなあ。

マーティン・バシールに全面協力とか、

かもねぎもいいとこじゃないすか。

マイケルを訴えた少年と親もなあ、

なんか悲しい人たちだなあ。

夢の国に招待されて、

そこで過ごすと本当に夢の中のように、

なんでも叶う。

それで浮かれちゃってどんどん傲慢で尊大になっていく。

そうなってくるとマイケルが離れていくんだけど、

魔法の国に慣れた人たちは、

マイケルジャクソンランドから退出したくない。

夢から覚めたくないと思って、

マイケルをひきつけ続けようとするけど、

それが無理とわかったとたんに、

手のひらを返して訴えを起こす。

そういうパターンなんすよねえ、

この本を読むと。

マイケル・ジャクソンを訴えてる人が、

ことごとくこのパターンなんすよ。

MJランドから去る前に、

ひと稼ぎしようかなみたいに見える。

あんなにすばらしいライブパフォーマンスをする

キング・オブ・ポップなスーパースターが、

フェイクな友情や愛情にすがって、

埋めることの出来ない

孤独を抱え続けて

日常を過ごしていたと思うと、

うーむ、なんともいえないですね。

あれだけの才能があり、

成功がありながら、

笑ってご陽気に暮らせないというのはね、

ほんとこの世は苦だなと思うのです。



マイケル・ジャクソン裁判 あなたは彼を裁けますか? (P‐Vine BOOKS)

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック