ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード


こりゃ本を読んだほうが面白そうですな。

どんどん展開していくので、退屈はしないんだけど、

なんか忙しいんですよねー。

下手したら、

鞭でピシピシやって、

鎖を太ももにぎゅーっと巻きつけるあの修道士のシーンだけが、

印象に残って他はなんだかよくわからないなんてことになる。

でも、話は面白いですね。

トム・ハンクスと偏屈なイギリス人が、

十字軍や魔女裁判のことをからめつつ、

イエスの子孫が現代まで脈々と受け継がれているっていう話をするところは、

興味津々でかなり面白かった。

これは文章でじっくり読んでみたいなって思ったね。

ダン・ブラウンの原作は読んでないけど、どんなもんなんすかねえ。

ムー系の話で、面白そうだなあって思うんすよねえ。

映像はなんかよかったですね。

あれフランスですか。

ヨーロッパの夜はなんか怖いっていうか、

さすが歴史が長いだけあって、血の匂いがしてきそうな、

なんかミステリーな雰囲気があるね。

まあ雰囲気はあるんだけど、

ミステリーの衝撃みたいなもの薄かったです。

うまくまとまってるといえばまとまってるんだけど、

どうしてもあわただしいなあと感じちゃってね。

原作読んでから見たほうが良かったかな。

オドレイ・トトゥは運転うまいね。

さすがジーザス。

ダ・ヴィンチ・コード / ダン・ブラウン

マグダラのマリアと聖杯

ダ・ヴィンチ・コード サントラ

暗号解読

ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック



オンラインDVDレンタルのDMMで「ダ・ヴィンチ・コード」をレンタルする

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック