『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』を観たんだ【映画】山田洋次監督、渥美清主演の寅さんシリーズ第25弾、マドンナは浅丘ルリ子



男と女が一緒になるというのはどういうことなのか。

好きというだけでは結ばれぬ。

だったら何が二人をともに生きようと

思わせるのだろうか?

寅さんとリリー。

ふたりはお似合いなのだが、

なんだろね、お互い好きあってるんだけど、

一緒にはなれない、ならない。

そこには小さいようで大きな溝があるのかも。

男はつらいよシリーズは、

寅さんがマドンナに惚れてドタバタする展開が多い。

相思相愛っていうのはあんまりなかったような、

今回は相思相愛っぽいんだけどなあ。

りりーが病気だといって

沖縄にすっ飛んでいく寅さん。

偶然再会するとか旅の道連れとかでなく、

寅さんの意思で苦手な飛行機にも乗って

わざわざ沖縄まで行くのです。

これはよっぽどのことだと思う。

リリーのほうも寅さんのことが

気に入ってるみたいだしなあ。

でも、二人が一緒になることはない。

これが男と女の不思議というやつですかね。

似たもの同士はうまくいかないってことなんすかねえ。

似てるから相手を理解できる。

理解できるからこそ

一緒にはいられないだろうこともわかるみたいな。

けっこう大人な雰囲気の男はつらいよだったなあ。

まあ、コミカルなシーンはちゃんとあるのだが、

寅さんとマドンナの関係性は

大人でシリアスなものだった。

浅丘ルリ子の衣装がすごかった。

紫のぴっちりした上下を着て登場したときは、

オー!サイケデリックとびっくりしたなあ。

歌手という設定だが、

あの衣装はなかなか着こなせないぜ。

予告編
DMMでDVDレンタルする
映画チラシ 「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花・ほか」
特別編 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花(特別版) HDリマスター版 [DVD]
男はつらいよ 寅次郎音楽旅~寅さんの“夢”“旅”“恋”“粋”~
・コミック男はつらいよ―寅次郎ハイビスカスの花 (学研M文庫―Comic)

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック