マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男 / マイケル・ルイス

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男 [単行本] / マイケル・ルイス (著); 中山 宥 (翻訳); ランダムハウス講談社 (刊)





マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男 / マイケル・ルイス




おもしろかった。

野球の話なんすけど、これはどんな業界でも

なにかぴんとくる話じゃないすかね。

アメリカメジャーリーグの球団、アスレチックスのGMであるビリー・ビーンを

話の主役に据えて、野球というゲームに勝つには、

こういう考え方があるっていうのを語る本。

アスレチックスのビリー・ビーンになぜ注目するのかというと、

アスレチックスは、選手の総年俸は下から数えたほうが早いのに、

成績は上位にいるチームだから。

普通、素人考えでは、いや、野球のプロの考えでも、

年俸の高い能力の高い選手を集めれば、

強いチームができて勝ちまくれると考えるのだが、

アスレチックスはその考えからすると、

ありえないチームになる。

その謎はどこにあるのかみたいな。

アスレチックスといえば、ゴジラ松井秀喜が入団したみたいっすね。

それまでの年俸からしたら、かなり安い年俸で契約したみたいで。

まあ、あんまり野球に興味ないんすけどね。

この本は野球に興味がなくても大丈夫だった。

物事を分析するときって、

データを見てあれこれ戦略をたてるんだけど、

何を分析するべきなのか、

何のデータが結果につながるデータなのか、

そこの選別が大事だというね。

打率や打点、本塁打が多い選手は評価が高くなるが、

ほんとうにその選手が勝利に貢献するのかは、

また別の話になってくるらしいんすよ。

打点がつくつかないは、そのときにランナーがいるかどうかという

偶然に左右されるから、

その選手本人の能力をはかるものさしにはならない。

あと足の速さとか守備のうまさはたいして重要ではないっていうね。

盗塁や送りバントは、意味がないプレーだとかね。

なんか目からうろこというか、

野球が別の競技に見えてくるっていうか。

結局、じゃあ何に注目して選手を選別するのかっていうと、

出塁率っていうことになるんだって。

野球は得点を多くあげたほうが勝てる、

得点をたくさん入れるということはどういうことかというと、

アウトにならないこと、

アウトにならなければ攻撃が続くんだから、

一番重要なのは塁にでること、

四球でもなんでもいいから出塁できる能力こそが、

勝つことにつながる能力ってなかんじなんすよ。

強烈な打球を打てて、強肩で、守備がうまくて、足が速い選手を見ると、

これはすごい選手だ、こいつがいれば勝てるに違いないと、

プロのスカウトらが争って獲得しようとするので、

年俸は高騰する。

そういう選手はとらないわけです。

どっか問題を抱えている、

守備が下手、年齢がいきすぎ、、足が遅い、太っている、

けども出塁率は一流選手並みに高い選手っていうのは、

安く雇える。

これはすごい革命的な考えかたっすね。

おもしろいなあ。

まあ、ただこの方法もずっとうまくいくっていうもんでもなく、

いろいろ進化してるみたいっすけど。

セイバーメトリクスっていうやつらしい。

まあ、かなりおもしろい話でした。

物事を見るとき、

どこから見るのか。

視点をどこにおいて分析するのか。

他人を出し抜くためには、

他人とは違う視点をもってみるのが大事っていうね。

おもしろい話っすね。

なんかブラッド・ピット主演でこの本を映画化してるみたいっすね。

おもしろそうだ。

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック