ソルト

ソルト ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray] / フィリップ・ノイス (監督)





ソルト



無理がある。

女版ジェイソン・ボーンシリーズみたいなスパイアクションなんすけど、

アンジェリーナ・ジョリーが細すぎ。

体の線が細すぎる。

がりがりのもやし体形のアンジェリーナ・ジョリーが、

車の天井から他の車の天井に跳んだり跳ねたり、

巨漢と真正面からやりあって格闘でなぎ倒したり、

なんかそれはないなっていうのが多すぎた。

いや、別にいいんだけど、

彼女は遺伝子的にも優れていて、

子供の頃から訓練されたエリートスパイなので、

なんでもできるし、強いし、無敵だしで、

OKな設定なんすよ。

でも、演じているアンジェリーナ・ジョリーの肉体に説得力がまるでない。

あんな体じゃあ、階段の2,3段上からジャンプしただけで足の骨を折りそうだし、

パンチしたら相手じゃなくて、自分の手首が折れそうだぜ。

華奢な体なのに、まったくの真っ向勝負の正統派なんすよ。

非力だけど、技でカバーするみたいな戦い方じゃなくて、

パワーで有無を言わさず相手を圧倒する戦い方を見せる。

それが無理がある。

もやしのアンジェリーナが、ごつい男にタックルしてなぎ倒したりするんすよ。

絵的にまったく説得力がない。

どうも、見てて入り込めないっすね。

ボーンのマット・デイモンは、

首がない原人体形してるので、

いかにも丈夫そうで、こいつは少々のことでは死なないっていう

雰囲気を肉体から漂わせていたから、

漫画かよっていう超人技もそれなりに見れたわけ。

いかにもタフそうな体形してた。

こっちは、ただのガリがスーパーアクションを連発する。

体力なさそうな見た目なんすよ。

なんであんなにやせてんだろなあ、アンジェリーナ・ジョリーは、

役作りとかで体を鍛えたりしなかったんすかね。

トゥームレイダーぐらいのときの体形だったら

まだ見れたと思うのだが。

肉体的な説得力がまったくないので残念だけど、

アクションの連続で飽きずに最後まで見れるアクション作品ではあります。

DMMでDVDレンタルする


関連する商品

この記事へのコメント

  • 日本インターネット映画大賞

    突然で申しわけありません。現在2010年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/20(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
    日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
    なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)
    2010年12月24日 12:53
  • 全く同意見です。

    病人の様な体格で強い役をやられても冷めますね。

    彼女のザコガリ体型じゃベンチプレス50kgも挙がりませんよ。

    ガチなら普通の男とタイマンやっても負けますね。

    これんなんで満足する人が増えたからアクション俳優が一般人レベルに落ちていくんでしょうね。

    ボーンは好きですが。
    2011年06月07日 17:38

この記事へのトラックバック