1食100円「病気にならない」食事 (講談社プラスアルファ新書) [新書] / 幕内 秀夫

1食100円「病気にならない」食事 (講談社プラスアルファ新書) [新書] / 幕内 秀夫 (著); 講談社 (刊)




1食100円「病気にならない」食事 (講談社プラスアルファ新書) / 幕内秀夫




粗食のすすめ。

食事の基本は白飯と味噌汁。

それに常備食とか野菜のおひたしなど2、3品あれば立派な食事になる。

そういう話。

やっぱり基本はご飯ですな。

和食の基本は米飯とみそ汁。

日本人のDNAには、米がマッチしてんだろうね。

1日30品目食べなきゃみたいな強迫観念があるけど、

やっぱ米とみそでOKなんすね。

どんぶり飯とみそ汁で少しのおかずを食べる。

これが最強。

病気にならない食事というより、

食べ過ぎないことが大事みたいな。

米は腹持ちがいいぜみたいな。

おやつも、スナック菓子を食うぐらいなら、

おにぎりを食べろ、芋を食えみたいな。

確かにそうなんすよねえ。

スナック菓子や菓子パンて味が病みつきになるけど、

砂糖と脂質まみれで栄養的には偏りすぎだし、

腹持ちが悪いのでいくらでも食べられてしまう。

まあ、年取ってくるとあんまり食べたくならないんすけど。

もう年取ってきたなあ。

こういう粗食で十分って思っちゃうのが、

年取った証拠っすね。

まあ、粗食といっても餌を我慢して食えということではなく、

ここだけは避けといたほうがいいっていうポイントとか、

手間をかけずにそこそこの食事を作る知恵とか、

取り入れやすいことが書かれてるので、

けっこう参考になった。

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック