『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』を観た【映画】織田裕二主演の人気ドラマの映画シリーズ第2弾、2003年お台場を舞台に湾岸署の刑事たちの活躍を描く



踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

どうもなんか変というか、すっきりしないというか、

出来は悪くないんだけど、なんだかなあ~みたいな。

もやもやするなあ。

見始めていつもどおりの小ネタがポンポンでてきて、

そろそろ本題にはいるのかなあと思ったら、

まだ小ネタが続く。

ふーっむ、もしかしてこりは群像劇というか、

断片を見せていく映画なのか?

組織がどうしたこうしたというちっさい話に終始。

犯人がショボすぎる~。

おれたちの組織にはリーダーがいない、

だから警察より優れているって、

なんのことだかさっぱり。

組織の下っ端でこきつかわれる織田裕二さん。

上でがんばる柳葉敏郎さん。

リーダーが優秀だったら組織もいいもんだっていうことが、

やりたいんなら、

敵は天才的な個人にするべきなんじゃないの。

個人vs組織。

これならわかんだけどなあ。

深津絵里さんが撃たれて死にそうに見せて、

まったく死なないという前回の青島刑事パターンも、

またですか天丼ですかってかんじでちょっと飽きた。

メインキャストを殺すわけにいかないのなら、

小泉孝太郎さんぐらいに死んでもらってもよかったなあ。

組織論ばっかで犯罪捜査の緊張感がまったくないのが残念。

映像は好きなんだけど。

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!予告編

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック