「ボーン・アルティメイタム」【映画】マット・デイモン主演のボーンシリーズ3作目

ボーン・アルティメイタム 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

ボーン・アルティメイタム


ジェイソン・ボーンシリーズ完結。

完結と見せかけて4作目があるらしいけど。

まあ、アクション満載の男くさい映画っすねえ。

一応、ヒロインというか女性キャラクタもでてくるんだけど、

色気もなにもあったもんじゃないというね。

これなら出てこなくてもいいんじゃないかみたいな、

地味すぎるボーンガール。

見た目も存在意味も地味なジュリア・スタイルズ。

前の作品に出ていたフランカ・ポテンテもお色気系じゃないけど、

それなりに重要な立ち位置のキャラだったわけで。

なんで殺しちゃったのかなあ。

最終章で死ぬという展開でもよかったような。

ま、とにかくアクションアクションの連続です。

連続というかアクションしかありません。

カメラぶれぶれの、揺らしてます、ほら臨場感あるでしょ、

いつもより余計にゆらゆらさせておりま~す的な

船酔いしそうなぶれぶれカメラでのアクションシーン。

けっこう苦手かなあ。

ドラマ部分とアクションシーンの割合が

バランスとれてたらいいんすけど、

アクションの割合多いから、ぶれぶれにも飽きてくるわけで。

物量作戦で、濃いアクションを大量に見せられると、

逆に単調に感じてくる不思議。

リアルさにこだわった渋くて、プロっぽいアクションなのに、

あまりにも連続するから、その良さも消えてくるみたいな。

あんなにカークラッシュして、首は大丈夫なんすかね。

軽くお釜ほられても鞭打ちになるのに、

ジェイソン・ボーンはびくともしない。

さすが原人体形で首がないマット・デイモンだ!

お間抜けCIAと凄腕ジェイソンの命がけの鬼ごっこ。

勝つのは、言わなくてもわかるね。

あのCIAの部長かなんか知らんけど、

あいつは間抜けすぎるような。

実務能力はないけど、

うまく立ち回って内部の権力闘争には勝って

出世してそのポストについたみたいな

お役所の人っぽかった。

そんな戦術的素人が

プロの殺人マシーンのジェイソン・ボーンに勝てるわけないというね。

普通なら、いくら超人であろうと、

個人がバックアップのある大組織には

どうあがいても勝てないのだが、

司令官がこれじゃ、そりゃだめだみたいな。

それに、あんなお間抜け野郎に

暗殺権限とか与えられてたっていうんだから、こりゃひどいと。

まあ、アクションは楽しめるかな。

前作の「ボーン・スプレマシー」を髣髴とさせるようなシーンもありで、

ボーンシリーズが好きな人にはおすすめ。

プレビュー
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。
DMMでDVDレンタルする

映画「ボーン・アルティメイタム」オリジナル・サウンドトラック

ボーン・アルティメイタム 【VALUE PRICE 1800円】 [DVD]

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック