こわれゆく世界の中で

こわれゆく世界の中で [Blu-ray]




どいつもこいつもまったく困ったやつらだぜ「こわれゆく世界の中で




人間ドラマ。

お昼の枠にやってる昼ドラみたいなかんじだなあ。

ジュード・ロウが主人公。

なんか都市開発をやる設計士みたいなかんじ。

建築家かなあ。

友人と二人で会社やってて、かなりでっかいプロジェクトをやってる。

事務所が治安の悪い地域にあって、盗みに入られる。

ヤマカシ少年が天窓から侵入で、パソコンごっそり根こそぎいかれます。

その窃盗団にいるヤマカシ少年の母親がジュリエット・ビノシュで、

窃盗事件をきっかけに二人が知り合ってパコパコする展開。

なんかジュード・ロウがとんでもなくだめ男に見えた。

恋人とうまくいってないんだな。

いまいちうまくいってない。

連れ子ともいまいちうまくいってないっぽい。

なんか病気なんだろな。

鬱かなんかで恋人も娘もどっか不安定。

娘は夜中に寝ないで器械体操やり続けたり、

タオルの色が気に入らないとか神経質だし、

恋人もなんか病んでるっぽいけどなあ。

美人だけど。

この恋人母娘の輪に自分も入りたいのだがうまくはいれない。

いつも疎外感を感じてしまう。

それでいつも皮肉っぽい言い方をしてしまう。

それでもやもやしてるんすな。

そこに起きた事務所荒らし事件。

2度も入られる。

どんだけセキュリティが甘いんだよ、セコムに入れよと思ったけど、

犯人の少年を追いかけて、家を特定。

母親のジュリエット・ビノシュが仕立ての仕事をしてるから、

スーツの直しをしてもらう口実で近づいていく。

シャーロック・ホームズ・ジュード・ロウです。

探偵ごっこしてる暇あったら仕事しろよ。

けっこう暇なのか、ジュード・ロウは自由にぶらぶらする。

町全体をデザインするとかいうビッグプロジェクトにかかわってるのに、

かなり自由な時間があるっぽい。

だから浮気しちゃうんだよなあ。

暇があったらダメですね。

奇妙な出会いをしたジュード・ロウとジュリエット・ビノシュ

奇妙な関係ですな。

ビノシュはでか乳ですな。

何歳だろ、けっこう年いってると思うけど、

ものすごいムチムチの色気むんむんボディでした。

結局、なんだったのかはよくわからないんすけど、

なんか丸く収まって終わったようだ。

なんか納得いかないようないくような。

ジュード・ロウが人間味ある男を演じてるのがおもしろかったなあ。

恋人とうまくいかないからって変な行動とりすぎ。

事務所に窃盗犯が来るか張り込みするんだけど、

娼婦と仲良くなって車でお話。

恋人に他人の香水のにおいがするといわれて、

娼婦に恋人と同じ香水をプレゼントしたりする。

まあ、プレイはしてないのでそこは誠実といえば誠実なのだが、

浮気よりもたちが悪いなあ。

恋人と同じものをプレゼントとかいやなかんじだな。

それに窃盗犯の母親と浮気ってどういう心境なのか。

ビノシュ親子はボスニアから避難してきたらしい。

戦火を逃れてやってきた。

裕福で一見非のないようなジュード・ロウの住む世界。

貧しくて犯罪と隣り合わせのジュリエット・ビノシュの世界。

交わることがなさそうな世界が交差するドラマってことかな。

ドラマとしてあんまりおもしろいってもんでもないので、

ジュード・ロウが好きなら見てもいいかもってかんじっすね。

DMMでDVDレンタルする

オリジナル・サウンド・トラック「ブレイキング・アンド・エンタリング」

公式サイトhttp://www.movies.co.jp/breakingandentering/

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック