226


226 [DVD]




226とはなんだったのか「226



二・二六事件とはなんだったのか。

この映画を見てもどういうことだったのかはよくわからない。

庶民が苦しんでいる時代、政治家の無能さに業を煮やした

陸軍の青年将校たちが起こしたテロってことなんすかね。

映画では細かい部分、決起にいたるまでのことや、

計画をたてるところとか、細部があまり描かれず、

青年将校たちの熱い思いが、成就せず、終っていくという、

夢破れた男たちの悲哀を全面にだした作りになってる。

前半は、けっこう実録事件モノみたな作りでリアルっぽいのだが、

後半は、どうやら決起は失敗に終るという空気が支配的になり、

将校たちが、諦めの境地で、妻や恋人、子供との平穏だった日々を

回想するというシーンにけっこうな時間が費やされる。

将校たちに、

昭和維新をなすのだという熱い思いがあったということはよくわかるのだが、

226がどういう事件だったのかということはよく見えないまま終る。

まあでもけっこうおもしろかったなあ。

キャストは豪華だしね。

本木雅弘、モックンもいい演技してましたなあ。

三浦友和もよかったし。

豪華なだけでなく演技もよかったんでないかい。

映像もいいし。

演技も映像もいいのだが、二・二六事件とはなんだったのかという問いには、

応えてくれないので、どうも見終わってフラストレーションがたまってしまう。

まあ、そのへんは二・二六事件のことを書いた本とかを読んで補完するのがいいかもね。

しっかし、なぜ彼らはクーデターに失敗したのか。

ちゃんと計画してたのかねえ。

大臣の屋敷を襲撃して次々と暗殺していくのだが、

首相の暗殺には失敗してる。

人違いで失敗って、なんとも杜撰すぎる。

襲撃した後の動きもよくわからんし。

武力を使って強硬手段にでているのに、

軍のお偉方を通して天皇の信を仰ぐというまどろっこしいことをやるのはなぜなのか。

やるのなら、軍上層部もコントロール下において、

将校たち自身が軍全体を掌握するべきではないのか。

自分たちの正当性を打倒するべき旧体制に認めてもらおうとするのはよくわからん行動だ。

どういう計画だったんすかねえ、このクーデター計画は。

大臣たちを暗殺するだけで維新が完成すると思ってたのか。

そんな甘い考えで行動に移すだろうか?

やっぱり、思いだけが先走った一部のエリートの暴走だったということだろうか。

裏でそそのかしてた大人がいたのかねえ。

ピュアな青年を使ってなんかたくらんでた奴らがいたのかもなあ。

わからん。

気持ちや志だけでは世の中を変えることは出来ない。

DMMでDVDレンタルする

・千住明映画「226」サウンドトラック/“226”SUITE

関連する商品

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック