「ブロウ」【映画】ジョニー・デップ主演、1970年代伝説のドラッグ・ディーラーの半生を描いたドラマ

ブロウ

ブロウ


のほほんとしていた時代背景があるとはいえ、

こんな簡単に麻ヤク王になれるのかよって、

ある意味衝撃的なお話。

60~70年代ってキラキラした

黄金みたいな良い時代だったんですなあ。

貧乏は嫌だぜという青年が

たまたまラッキーを手にしてビジネスに成功したが、

その後には転落、家族崩壊という道が待っていたという話を

主人公ジョージ・ユングの伝記風に見せてくれる。

そう、これは麻ヤク王映画ではない。

ギャング映画のような派手な抗争もなければ、

犯罪の血なまぐさい空気も薄い。

幸せを手に入れるために、

たまたまドラッグを手段に選んだ男のパーソナルなドラマ。

家族の幸せって手に入れるのは大変なんよなあ。

映像はきれいやし、

ヒッピー文化満載のサウンドとファッションが良い感じやし、

ジョニー・デップの服装、外見の変化も楽しめた。

結構楽しめましたわ。まあ、そんなところやね。

予告編
Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

・BLOW/サウンドトラック

・ブルースポーター / BLOW―ブロウ

TSUTAYA DISCAS

関連する商品

この記事へのコメント

  • GKGKGK

    ビショップさん、TBどうもです!

    ビショップさんの言う通りで麻薬王映画じゃないですね。
    個人的にジョニー・デップが好きなので
    見ましたが、ジョニー・デップの中では
    真ん中位の作品という印象です。

    今の上位は、ネーバーランド
    シザーハンズ、パイレーツ・オブ・カリビアンです。

    また、お邪魔しますのでよろしくお願いします。
    2005年12月21日 06:18
  • bishop

    こんばんは、GKGKGKさん。
    ジョニー・デップはほんとハンサムさんですね~。この映画はいろんな髪型、ファッション、年齢のデップが楽しめるので、なかなかのもんです。ネバーランドはまだ見てないので、チェックしなければ。よろしく~。
    2005年12月21日 22:32
  • GKGKGK

    ビショップさん、どうもです!

    まだ投稿してないんですけど、最近シークレット・ウィンドウも
    観ました。
    作品としてはまぁそこそこですけど
    ジョニー・デップはまた新なた一面を見せてますので
    それなりにお勧めです。

    ではまたお邪魔します。
    2005年12月22日 14:31
  • bishop

    こんばんは、GKGKGKさん。
    シークレット・ウィンドウは、これまたデップを堪能できる作品ですね。メガネにぼさぼさ頭によれよれガウンのデップ。
    2005年12月22日 22:20

この記事へのトラックバック